\

薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
プロペシアによる体毛への影響top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A
矢印プロペシアと体毛の因果関係:結論とまとめ
育毛剤はいろいろ試してきたけど、正直、どれも期待外れだった・・・と、市販の育毛剤にガッカリしている薄毛に強いコンプレックスを持っている人が、次に興味を示す治療薬といえば「プロペシア」ではないでしょうか。

プロペシアかくいう私も、そのひとりで、市販の育毛剤の効果に限界を感じていた私は、このままではマズいと不安に駆られ、結果、プロペシアの服用を始めましたが、プロペシアは治療効果が高いと言われている一方で、様々な副作用が懸念されているのも事実・・・

その副作用のひとつに体毛が濃くなる(あるいは薄くなる)といった話もありますが、それは本当なのか !?

私もプロペシアを3年以上飲み続けてきたので、体毛もプロペシアの影響を受けているのか、その点について少しまとめておこうと思います。




プロペシアを服用すると体毛は濃くなるか !?

私がプロペシアを使った薄毛治療を始めたのは、2013年6月2日のことです。

一時、服用をやめたら(3ヵ月間)どうなるのか?という検証を行ったこともありますが、その後、再び飲み始めることにしたため、ブランクはあるものの、この4年間の間に計1,000錠以上のプロペシアを摂取してきました。

※薄毛に対する改善効果の有無については、別ページで詳細にまとめているので、興味のある方はそちらの記事(体験談)をどうぞ。

というわけで、私の体毛はこの4年間で変化があったのか、さっそく使用前と現在の画像を見比べてみたいと思います。
髭
体質により、特に口髭やあご周辺に太く濃い毛が生えてくるので、丸一日、髭を剃らずに放置しておくと、青々とした無精ひげ状態(色白という点も目立つ要因のひとつ)になってしまいますが、下記資料は、プロペシアの使用前(正確には6月5日の画像なので、使用開始4日目)と約3年8ヵ月後の髭画像です。

ちなみに、髭の状態がよく分かるよう、どちらもヒゲ剃り前(左:1日放置 / 右:2日放置)に撮影した画像となります。
体毛比較画像1
もともと色白(なんだか3年で頬がこけたような…)なので、人よりも髭剃り跡が青々と見えてしまうのが薄毛とは別の悩みの種になっていますが、以前よりも髭の成長スピードが速くなったとか、毛が太くなったという実感はありません。

逆に薄くなったということもないため、髭に関しては、この約4年間でプロペシアによる影響はなかったと思われます。
手、腕
次は手と腕を比較してみましょう。
体毛比較画像2
私はどちらかというと体質的に体毛は濃い方だと思っているのですが、なぜか腕や手の甲に関しては、それほど濃い毛は生えてきません。

プロペシア使用後も、特に濃くも薄くもならず、現状維持といった感じで、4年近く経った現在もプロペシアの影響は受けていないようです。
足
次に、足の画像を比較してみます。
体毛比較画像3
体質的に足(太もも、すね、ふくらはぎ)は剛毛といって良いレベルの毛深さなので、非常にもじゃもじゃとしたお見苦しい画像で申し訳ないところですが、ご覧のように約4年前の画像と比較しても、たいして差が見られないのではないでしょうか。

個人的にも、さらに毛深くなった(逆に薄くなった)といった実感はないため、足に関しても特にプロペシアの影響は受けていないようです。




プロペシアと体毛の因果関係:結論とまとめ

プロペシアを使用すると体毛が濃くなる(薄くなる)という噂の信憑性を確かめるため、服用を始めたついでに体毛の変化もチェックしてきましたが、改めてこの約4年間という年月を振り返ってみた私なりの意見をまとめると、プロペシアを長期間飲み続けても、体毛が濃くなる(薄くなる)といった変化は起こらない!ということになります。

そもそも、プロペシアの有効成分フィナステリドは、5α‐リダクターゼの働きを抑制する効果があるとして、AGA治療薬に用いられています。

5α‐リダクターゼは、頭部の毛乳頭に含まれている物質で、テストステロン(男性ホルモン)と結合することにより〝ジヒドロテストステロン【DHT】〟と呼ばれる強力な男性ホルモンが生成されますが、このジヒドロテストステロンが、AGA(男性型脱毛症)の主原因だと考えられている今、ジヒドロテストステロンの生成を阻害することで、薄毛の進行を食いとめるというのが、プロペシアに期待される作用です。

そのため、体のごく限られた部位にしか存在しない5α‐リダクターゼの働きを抑制するプロペシアを摂取したところで、全身の体毛に強く影響するようなことは考えにくいのではないでしょうか。

※補足:5α-リダクターゼは、1型と2型に分かれますが、1型は主に側頭部や後頭部の皮脂腺、2型は前頭部や頭頂部、前立腺に存在することが判明しています。

では、なぜプロペシアを服用すると体毛が濃くなる(薄くなる)といった噂話が広まったのかというと、はっきりしたことはわかりませんが、プロペシアを使ったAGA治療を行っている方の中には、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用している方も多いため、ミノタブの影響で体毛が濃くなっていることをプロペシアの影響だと勘違いしているということがひとつ考えられます。

※補足:逆に体毛が薄くなるのではないかと言われる理由は、プロペシアの有効成分フィナステリドの作用により、DHTの生産が抑制されるのであれば、経口摂取したプロペシアの有効成分が全身をめぐり、その結果として、体毛の成長(←毛深くなるのは男性ホルモンの影響が大きい)が妨げられたとしてもおかしくはないという理屈。

プロペシアとミノタブ実際、私もプロペシアと一緒にミノタブを併用していますが、ミノタブの有効成分ミノキシジルが、いったいどのような仕組みで薄毛の改善に役立っているのか、そのメカニズムについてはいまだ解明されていない部分は多いものの、最近、産毛がなんとなく濃くなり始めているのではないかと思われる部位(体毛)もあり、現在、その辺の信憑性を確かめるべく、ミノタブによる体毛への影響について検証している最中(検証レポ:ミノタブで体毛は濃くなるか?)です。

もちろん、プロペシアと体毛の因果関係について科学的に証明されたわけではないので、体毛が濃くなる(薄くなる)という説を完全否定するつもりはありませんが、プロペシアの働きや私の経験からいっても、単にプロペシアを摂取しているだけでは、体毛に大きな影響を及ぼすような副作用はないと考えます。




掲載日:2017.5.16