薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
プロスカーの効果と副作用top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A
現在、日本国内において、AGA(男性型脱毛症)治療に最も効果があると考えられている飲み薬タイプの育毛剤といえば、万有製薬(現:MSD)の『プロペシア』ですが、海外では『プロペシア』の他に数種類のAGA治療薬が製造販売されています。

そのひとつが〝プロスカー〟です。

プロスカー画像国内でも個人輸入によって『プロスカー』を入手している方はいるようですが、MSD製の『プロペシア』とは違って、未認可の医薬品を服用する場合、副作用をはじめ、流通や品質等に関するリスクはすべて〝自己責任〟となるため、厚労省では安易な個人輸入は控えるようにと注意喚起しています。

それにもかかわらず、『プロスカー』のような未承認薬に走る人は後を絶ちません。

そこで、なぜ未認可の『プロスカー』を個人輸入してまで買い求める人がいるのか・・・そのあたりの背景について、少し説明をしておきましょう。




コレだけは押える!プロスカーの効果

そもそも『プロスカー』は、前立腺肥大による排尿困難(頻尿・残尿)や排尿痛などの症状を改善するために用いられる治療薬ですが、薬品に含まれる有効成分フィナステリドに発毛効果があることが分かったため、『プロスカー』とは別に脱毛治療薬としてメルク社が製品化した育毛剤が『プロペシア』です。

つまり、『プロペシア』のように脱毛治療を目的に製造開発された医薬品ではないものの、『プロスカー』には、AGAの脱毛原因と考えられるジヒドロテストステロンの生成に必要な《5α‐リダクターゼ》の働きを抑制する作用があるため、結果的に抜け毛や薄毛の改善効果が期待できるというわけです。
プロスカーを選ぶ理由
『プロペシア』と違って、育毛剤として製品化された医薬品ではないにも関わらず、『プロスカー』をAGA治療目的に服用してしまうのは、コストパフォーマンスの良さにあると考えられます。

というのも、下記表に示したとおり、AGA治療に欠かせない有効成分フィナステリドの1錠あたりの含有量が『プロスカー』は『プロペシア』の5倍です。
プロペシアとプロスカーの比較
プロペシア プロスカー
製造元 メルク社 メルク社
フィナステリド含有量 1mg / 1錠 5mg / 1錠
主な治療目的 脱毛治療 前立腺治療
価格(参考) 250円 / 1錠 (MSD製) 概ね150~250円前後 / 1錠
通常、脱毛治療として1日に服用すべきフィナステリド量は1mgが基本とされているので、『プロスカー』は、ピルカッター等で1錠をさらに4~5分割してから服用することになりますが、そう考えると1回に摂取すべき薬剤にかかる費用は非常に安価であることが分かります。

※ 【1mg/日】以上の服用は、いたずらにリスクを高めるだけだと言われています。

そのため、コスト面を重視する方にとっては、同じ成分(フィナステリド)が含まれているなら、少しでも安い製品を買い求めるという行動に走る気持ちも分からなくはありません。

知らなかったでは済まされない!プロスカーの危険性

先に説明したとおり、そもそも『プロスカー』は前立腺肥大治療薬として研究・開発された医薬品なので、『プロペシア』とは違い、もともとの用途が異なってきます。

そのため、AGA治療目的で、日に1錠(5mg)まるまる服用することは危険であり避けるべきだと言われており、ピルカッター等で1錠をさらに4~5分割して摂取するのが基本のようですが、錠剤をカットする際には特に次のような点に注意しなさいと警告しています。
妊婦に対しては深刻な副作用(胎児の生殖器官異常など)をもたらす危険があるとして、服用はもちろんのこと、錠剤をカットした際に砕け散った破片粉に触れる(体内に吸収される恐れがあるため)ことも一切禁止!
このように『プロスカー』をAGA治療目的で服用する場合は錠剤を分割する手間がかかること、また、妊婦に対す細心の注意が必要です。

※『プロペシア』は割れていない通常の錠剤はコーティングされているため、欠けていなければ女性が成分(フィナステリド)に触れる危険性はありません。
プロスカーの副作用と注意点
『プロスカー』も『プロペシア』と同様、薬剤に含まれる有効成分がフィナステリドである以上、主に性機能関連に関する副作用を起こすリスクがあると考えられているようです。
チェック性欲減退

チェック勃起不全(インポテンツ)

チェック精子の減少

チェックその他:発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、胃の不快感、肝機能低下、動悸、蕁麻疹 …等
また、日本国内では販売が認められていない未認可薬なので、少なくとも次に挙げるような注意点を十分理解した上で、購入(服用)する必要があります。
主な注意事項
チェック個人輸入代行

『プロスカー』は市販薬ではないため、どうしても購入したいという場合は、通常、個人輸入という形で入手することになりますが、国内製品とは異なり、品質や流通管理、副作用等のリスクについては、すべて自己責任であるということを肝に銘じておく必要があります。

チェック円形脱毛症には効果がない

『プロスカー』に含まれる有効成分フィナステリドは〝5α‐リダクターゼ〟の抑制にあることから、効果を発揮するタイプの抜け毛症は〝男性型脱毛症〟に限ります。つまり、円形脱毛症などによって進行していると思われる異常脱毛に対して改善効果は期待できません。

チェック未成年者&妊婦の服用禁止

妊婦の場合は胎児の生殖器官の異常、未成年者の服用については安全性や有効性が確立されていないので、たとえ個人輸入であっても絶対に服用しないで下さい。

チェックその他

『プロスカー』1錠あたりに含まれるフィナステリド含有量は『プロペシア』の5倍にあたりますが、濃度が高ければ高いほど改善効果が見込めるといった報告は今のところありません。いたずらに副作用のリスクを高めないためにも1日の服用量には細心の注意が必要です。





育毛剤:雑学

国内で販売されていない海外製育毛剤を購入するには…

MSD製のプロペシアは医師の処方が必要なので、近隣の薬局薬店やドラッグストアなどで販売されることはありません。

しかし、最近は人目を気にせずコッソリと購入したい…病院で処方してもらうより費用が安いからといった理由により、海外製『プロペシア』や『ロゲイン』のようなを育毛剤を入手する方も増えているようです。

日本で販売が認められていない未認可薬を購入すること自体は違法ではありませんが、海外医薬品を個人輸入する場合、注意しなければならない事項がいくつかあるので、参考までに、その主な注意点をいくつか列挙しておきます。
1条:1万円を超える商品については、関税が発生する!

2条:商品発送先を自宅発送しか認めていない業者もある!

3条:一度に輸入できる数量には制限がある!

4条:医師の処方を受けず自身の判断で未認可薬を独断で個人輸入した場合、服用による副作用はすべて自己責任!

5条:未認可薬は、薬事法で有効性や安全性が確認されている国内医薬品等とは異なり保証はない!

6条:クーリングオフの適用はない!

AGAドックとは?

将来的なAGA(男性型脱毛症)の心配を遺伝子レベルでチェックするための検査キットがAGAドックです。

郵送による検査キットなので、病院に足を運ぶことなく自宅で簡単に行うことのできる(専用の綿棒でほほ内側を軽くこすりとり、採取した粘膜を同封の書類と一緒に送るだけ)ため、他人に知られずにこっそりと検査することができるという点に関しては魅力的です。

しかし、検査結果の精度は本当に信頼できるのか、価格がやや高いといった点が気にならないでもありません。

ただ、近い将来、自分は薄毛になるのではないかと深刻に悩んでいるような方は、参考程度に一度試してみるのも良いかもしれません。