薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
万有製薬プロペシアの価格相場top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A
※注:2010年10月、万有製薬はシェリング・プラウ社と事業統合したため、社名がMSDへと変更しました。

プロペシアは、米国に拠点を置く大手企業、メルク社によって製品化された飲み薬タイプの育毛剤として米国食品医薬品局(FDA)に認められた脱毛治療薬ですが、その効果を維持するには、継続して服用し続けなければならないため、コスト面が気になるという方も少なくないはずです。

プロペシア錠1㎎:万有製薬の画像※ 米国食品医薬品局 … 食品をはじめ、医薬品や化粧品等の製品についてチェックを行っている米国の政府機関(日本においては厚生労働省にあたる)。医薬の認可に厳しいことで知られており、FDA(Food and Drug Administratio)と略されることも多い。

そこで、日本国内で処方されている『プロペシア』の料金体制(価格相場)について少し調べてみましょう。

万有製薬:純正『プロペシア』の価格相場

日本国内で販売が認められている『プロペシア』は、厚生労働省より輸入承認を取得(2005.10.11)した万有製薬(現:MSD)のものになりますが、『プロペシア』は、基本、医師の処方を必要とする医療用医薬品なので、近隣の薬局薬店やネット通販を利用して、万有製薬(現:MSD)の純正『プロペシア』を買い求めるといったことはできません。

※ 補足情報:2015年4月にファイザー社からプロペシアのジェネリック医薬品の発売が開始されした。そのため、今後は国内でもMSD製のプロペシアと安価なファイザー社製のプロペシアを取扱うクリニックが増えてくることが予想されます。

つまり、医療機関というかなり限定された場所でしか入手することができないわけですが、医療機関におけるAGA(男性型脱毛症)治療は〝自由診療〟扱いなので、治療を行っている病院によって料金体制はまちまちなのが現状です。

そこで、万有製薬(現:MSD)の『プロペシア』を処方している国内各地のクリニックを調べてみたところ、次のような調査結果が得られました。
プロペシア(1mg)処方病院の価格比較 一例
都道府県 クリニック名 価格(1箱)
北海道 イワタクリニック 7,000円/28錠
宮城 マドレクリニック 7,875円/28錠
秋田 クリスタルメンズクリニック 8,900円/28錠
東京 新橋駅前クリニック 6,800円/28錠
東京ロイヤルクリニック 6,800円/28錠
リブラクリニック 7,200円/28錠
浜松町第一クリニック 7,500円/28錠
池袋スカイクリニック 7,500円/28錠
滋賀 なかつか内科医院 6,500円/28錠
大阪 大阪梅田中央クリニック 7,350円/28錠
聖心美容外科 10,000円/28錠
兵庫 かなさと内科医院 8,400円/28錠
福岡 エデンの園クリニック 7,500円/28錠
長崎 ハナキクリニック 9,450円/28錠
※ クリニックによっては、薬代以外の料金も含まれるため要確認!


販売元である万有製薬(現:MSD)では、参考価格として1錠あたり250円(税抜き)という目安を公表していたため、計算上、1ヵ月にかかる薬代は7,500円程度となりますが、実際には、薬代の他に診察料や処方料、あるいは各種検査費(血液検査、服用後の体調検査…など、病院によって異なる)等が上乗せされるため、医療機関で治療を受けるとなると、7,500円以上の治療費を払っている方が多いようです。

※ プロペシアを使ったAGA治療にかかる料金は、概ね【10,000~15,000円/月】の間で治療費を設定しているクリニックが多いようです。


コレだけは押える!『プロペシア(万有製薬)』入手先の基礎知識

前項でも説明したとおり、万有製薬(現:MSD)の『プロペシア』は、医師の処方が必要ですが、AGA治療を行っている専門の医療機関に足を運ばなければ服用することはできません(ファイザー社のプロシアも同様)。

では『プロペシア』を処方しているクリニックは、いったい何科なのか・・・?

基本的には一部の形成外科や内科を除くと《皮膚科》で受け付けているケースが多いようですが、皮膚科ならどこでも処方してくれるという保証はないので、『プロペシア』をお望みの方は、必ず事前確認が必要です。

※ 個人輸入という形をとれば、医師の診断・処方を受けずに海外製『プロペシア』(主に、アメリカ、イングランド、ニュージーランド製)を購入することは可能ですが、個人輸入の場合、製品の品質や流通、副作用などのリスクはすべて自己責任となります。

なお、MSDが提供しているサイト(AGA - news)では、AGA治療について相談を受け付けている全国各地の病院・医院が手軽に探せる検索システムがあるので、医療機関をお探しの方は利用してみてください。


AGA病院検索矢印http://www.aga-news.jp/(MSDサイト)





育毛剤:豆知識

フィナバルドってなに?

フィナバルドとはプロペシアのジェネリック薬のことで、成分や効果はオリジナルのプロペシアとほぼ同等でありながら、名前だけが異なります。

ジェネリック薬の良いところは、正規版とほぼ同じ効果が得られながらも、比較的安価に購入できる点です。

そのため、フィナステリドを主成分とするインド製『フィナバルド』は、AGAに対し、非常に高い効果が期待できるとされていますが、フィナバルドは未承認薬なので、個人輸入などの形をとらなければ日本国内で使用することはできません。

なお、特許制度の関係上、厳密にはプロペシアの正規ジェネリックは、2019年まで存在しないことになっているため、例外として、ファイザー社からジェネリック薬が発売されましたが、それ以外のメーカーのプロペシア・ジェネリックはリスクが高いと警告する人もいます。

※ インドは国の法律として医薬品の特許を認めていないため、プロペシアと同じ成分が含まれているフィンペシアが生産販売されています。
カフェタイム

AGAドックとは?

将来的な薄毛の心配を遺伝子レベルでチェックする検査キットのことで、自宅で簡単に行える検査キットとして、薄毛で悩んでいる方の間で注目を浴びています。