薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
育毛 飲み薬の効果top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

育毛には外用薬よりも飲み薬の方が効果は高い?

従来は、ミノキシジルに代表されるような頭皮に直接塗布するタイプの育毛・発毛剤が主流でしたが、近年はプロペシア(その他の飲み薬タイプの発毛・育毛剤は右記雑学参考)のような飲み薬タイプの育毛・発毛剤が登場したことで、薄毛対策は飲み薬を主流とした治療へと変わりつつあるようです。

海外の研究データによると、プロペシアには、抜け毛(異常脱毛)を抑制するだけでなく、育毛・発毛にも効果を発揮するとする説がありますが、日本国内でのプロペシアの扱いは、あくまで男性型脱毛症の進行を遅延するための医薬品と位置付けられています。

つまり、飲み薬タイプのプロペシアに抜け毛の進行を抑制する効果は認めているものの、育毛・発毛の有効性に関してはまだ疑問が残る…ということなのでしょう。

そのため、現在、飲み薬タイプのプロペシアは、基本、AGAによる抜け毛の進行遅延のための医薬品であると理解し、育毛剤(ミノキシジル配合)との併用によって、育毛・発毛を試みるのが、最も効果的なAGA治療であると考えられているようです。

また、海外においても、プロペシアを服用して抜け毛の進行を食い止め、さらに外用薬であるミノキシジル等の育毛・発毛剤などを併用しながら頭皮の環境を改善し、育毛・発毛を試みているケースも少なくないことから、プロペシアのような飲み薬タイプの育毛・発毛剤の方が、効果は高いとしながらも、両者を併用しているといった実情があるようです。

コレだけは押える!飲み薬タイプの育毛・発毛剤の効果と落とし穴

プロペシアで異常脱毛が止まるメカニズム
プロペシアとは、米国のメルク社によって商品化された飲み薬タイプの育毛剤のことで、それまで主流であった『ロゲイン』や『リアップ』のような、頭皮に直接塗布する塗り薬タイプの医薬品とは大きく異なります。

プロペシアに高い薄毛改善率があるとされる理由は、その薬効成分であるフィナステリドに〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟の働きを抑制する作用があるからだとされています。

近年、多くの男性を悩ませる男性型脱毛症(AGA)の主な原因は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる強力な男性ホルモンにあるとする説が最も有力ですが、この物質は、男性ホルモンである〝テストステロン〟と、頭部の毛乳頭に含まれている物質〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟とが結合することによって生成されるということがわかってきました。

そこで、薄毛患者がプロペシアを定期的に服用すれば、その薬効成分であるフィナステリドが5α‐リダクターゼに働きかけるので、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する役割を果たす…と考えられているのです。

下記データからもみてとれるように、プロペシアに含まれている有効成分フィナステリドには、男性型脱毛症治療に対し、非常に高い効果を示しています。

※ ただし、AGA治療には高い効果があるとされるプロペシアも100%効果がみられるわけではありません。
国内で3年間服用したデータ
頭頂部 前頭部
投与1年後 投与3年後 投与1年後 投与3年後
改善 著明 1.5% 6.1% 0.8% 2.0%
中等度 9.1% 37.4% 46.2% 37.4%
軽度 47.7% 34.3% 46.2% 37.4%
不変 40.2% 20.2% 40.2% 25.3%
軽度 1.5% 2.0% 1.5% 3.0%
中等度 0% 0% 0.8% 0%
著明 0% 0% 0% 0%
【(旧)万有製薬の資料参考】
プロペシアの落とし穴
強力な男性ホルモン〝ジヒドロテストステロン〟の生成に欠かせない〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟の働きを抑制するプロペシアは、男性型脱毛症患者の抜け毛予防対策に目覚しい効果があるとする臨床試験やデータが多数報告されていますが、薄毛治療に高い効果があるとされるプロペシアにも弱点はあります。

先にも説明したとおり、プロペシアの主成分フィナステリドは〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟の働きを抑制することで、ジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンの生成を阻害します。

そのため、ジヒドロテストステロンが元凶とされている男性型脱毛症以外の異常脱毛(円形脱毛症や産後脱毛…など)には、残念ながら効果がないとみられており、他の治療法を考えなければなりません。

さらに、大半の女性はプロペシアの恩恵を受けることができません。

それどころか、妊婦に対しては深刻な副作用(胎児の生殖器官異常など)をもたらす危険があるとして、服用はもちろんのこと、割れたり砕けたプロペシアの錠剤に触れる(体内に吸収される恐れがあるため)ことさえも禁止されています。

※ 割れていない通常の錠剤はコーティングされているため、配合されている有効成分に触れる危険性はありません。

また、成人に達していない未成年者についても、その安全性や有効性が確立されていないので服用は避けるよう注意書きがあります。
プロペシアの副作用
チェック性欲減退
チェック勃起不全(インポテンツ)
チェック精子の減少
チェックその他:睾丸痛、発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、肝機能低下、動悸、じんましん …等

※ 副作用は全体の5%程度に起こるといったデータがあります。
プロペシアを服用したことによって起こりうる副作用は、その大半が性機能関連に集中しているのが特徴です。

また、服用を中止することで症状も回復するのが一般的だと考えられていることからも、特に重病を患っていない健全な成人男性であれば、生死を左右するほどの重篤な副作用はないと考えられているようですが、医師の処方を受けずに個人輸入という形で海外製プロペシアを購入される方は副作用には十分気をつける必要がありそうです。

※ 海外製プロペシアを個人輸入する行為自体は違法ではありませんが、未承認薬を服用したことによって起こりうる副作用や製品の品質等はすべて〝自己責任〟となります。




育毛:豆知識

ミノキシジル系育毛剤について

もともと血管拡張作用があることで知られていたミノキシジルは、高血圧治療等に利用されていましたが、服用した患者の体毛が濃くなる副作用が現れたため、米国の製薬会社アップジョン(現ファイザー)社が研究開発を進めた結果、ミノキシジルを主成分としたトニックタイプの発毛剤ロゲイン(日本国内では「リアップ」として発売)が生まれました。

ミノキシジルが、なぜ抜け毛を予防し、髪の育成・発毛を促すのかについては、いまだ謎の部分も多いようですが、抜け毛に深く関わっているとされる男性ホルモンの変換酵素を阻害するのではないかと考えられているようです。

いずれにせよ、数々の臨床試験から、抜け毛(異常脱毛)が減少した、あるいは、育毛・発毛効果がみられたというように、ミノキシジルを塗布した複数の使用者に何らかの効果があったことは事実のようです。

プロペシア以外の飲み薬系育毛・発毛剤について
〈デュタス〉

デュタスは、英国の製薬会社グラクソ・スミスクライン社が販売している医薬品「アボダート」のジェネリック版です。飲み薬タイプの「プロペシア」同様、成人男性脱毛治療薬にあたるデュタスは錠剤タイプの育毛剤ですが、前者に比べ後者は強力な発毛・育毛促進効果があるとされています。ただし「デュタス」もフフィナバルドと同様、未承認薬なので日本では販売されていません。

〈フィナバルド〉

インドの製薬会社East West Pharma社が製造するプロペシアのジェネリック薬がフィナバルドです。ジェネリック薬とは成分や効果はまったく同じでありながら、名前だけが異なる医薬品のことで、ジェネリック薬の良いところは、正規版とほぼ同じ効果が得られながらも、比較的、安価に購入できる点にあります。そのため、フィナステリドを主成分とするインド製「フィナバルド」は、「プロペシア」と同じく男性型脱毛症治療に対し、非常に高い効果があると考えられています。また、従来品のフィンペシアなどのコーティングに使用されていた発がん性物質が疑われるキノリンイエロー不使用のジェネリック薬として一時注目されましたが、現在はキノリンイエロー不使用のジェネリック薬が主流になったため、特に大きな特徴は見られません。
矢印

カフェタイム