薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
オナニーで抜け毛が増える?top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押える!オナニーとハゲ(はげ)の関連性

抜け毛やハゲといった単語を検索にかけると「オナニーが原因である!」と主張するサイトを少なからず目にします。

これは抜け毛による薄毛・若ハゲの主な原因が、男性ホルモンにあると言われていることから、このようなオナニー説が派生したと考えられます。

そこで、オナニーとハゲ(抜け毛)の関連性について少しまとめておきましょう。
抜け毛を招くオナニー説とは…
毛髪は精子の主成分と同じく、その大半がタンパク質で形成されていますが、オナニーをすると、精液は体外に放出されてしまうため、減少した精子を新たに作り出すために、精子の材料となるタンパク質は睾丸に供給されるようになります。

精子イメージ画像人体は生命維持に関わる重要な器官から順に栄養を供給する機能を備えており、毛髪よりも精子の生成を優先するよう指令が出されると考えられていることから、頻繁にオナニー行為をする人は、毛髪の育成に必要な栄養素(タンパク質)が不足し勝ちになり、結果、抜け毛が増え薄毛やハゲになりやすい・・・といった理由からオナニーが抜け毛を悪化させていると考えられているようです。
ジヒドロテストステロンが薄毛を招く?
近年、薄毛や若ハゲを進行させる主原因は、オナニー説よりも、ジヒドロテストステロンにあるのではないかとする説が有力です。

この物質は男性ホルモンである〝テストステロン〟と〝リダクターゼ〟と呼ばれる酵素が結合することによって生成されます。

その仕組みや作用は、次のとおりです。

男性ホルモンのひとつである〝テストステロン〟には、たとえ濃度が高くとも、髪の成長を左右するような強力な働きはありません。

ところが、頭部(特に額から頭頂部にかけた部位)の毛乳頭に含まれているとされる特殊な酵素(リダクターゼ)と〝テストステロン〟の両者が結合すると、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンへと変化してしまいます。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンとは異なり、強力な脱毛ホルモンとしての作用があると考えられており、この物質が、毛乳頭内にある受容体(たんぱく質)と結合し、毛母細胞毛の成長をストップするよう信号を送るため、毛母細胞の活動が衰え、結果、薄毛や若ハゲになりやすいのではと考えられているのです。

そのため、近年はジヒドロテストステロンの生成を阻害する発毛促進剤などが注目を集めています。


男性ホルモンに対する感受性が薄毛・ハゲの原因?

毛髪と精子の主成分が、ともに〝タンパク質〟であること・・・

そして、人体の機能が生命維持にかかわる重要な器官から優先して栄養を供給することなどを踏まえると、オナニーと抜け毛の間には、それなりに因果関係がありそうですが、いまだ毛髪のメカニズムが、はっきりと解明されていない以上、オナニーを止めさえすれば抜け毛(異常脱毛)も止まると結びつけるのは、あまりにも短絡的すぎるような気がします。

また、男性ホルモンが薄毛やハゲに深く関わっているとする説は、依然、現在も有力ですが、近年においては男性ホルモンの感受性の方が重要であり、その分泌量の多寡については、あまり関係ないのではないかと指摘する専門家もいるようです。

つまり、男性ホルモンの分泌量が多くても感受性が低ければ、毛母細胞は分裂をストップせず成長し続け、逆に分泌量が少なくても、感受性が高ければ毛母細胞が過剰反応し、髪の成長がストップしてしまうということになります。

したがって、オナニーをすればするほど薄毛・ハゲになる!とする説は科学的に裏付ける明確な根拠が乏しいうえ、疑問点も多く、必ずしも正しい説であるとは言い難いものがあります。






薄毛:豆知識

AGAドックってなに?

前頭部や頭頂部の毛髪が徐々に抜け落ち、拡大する典型的な抜け毛症がAGA(男性型脱毛症)ですが、将来的な薄毛の心配を遺伝子レベルでチェックするための検査キットが『AGAドック』です。

病院に足を運ぶことなく、自宅で簡単に行うことのできる検査キット(専用の綿棒でほほ内側を軽くこすりとり、採取した粘膜を同封の書類と一緒に送るだけ)なので、他人に知られずに検査することができるという点に関しては有難いツールといえるかもしれませんが、検査結果は本当に信頼できるのか・・・価格がやや高い!といった点が気にならないでもありません。

しかし、近い将来、自分は薄毛になるのではないか!と深刻に悩み気にしているような方は、参考程度に試してみるのも良いかもしれません。