薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
フィンペシアの効果と副作用top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

ジェネリック医薬品:フィンペシアの基礎知識

ジェネリック医薬品とは?
フィンペシアは、いわゆる〝ジェネリック薬〟と呼ばれる医薬品です。

フィンペシア(シプラ社製/インド)画像ジェネリック薬とは成分や効果が同じでありながら名前だけが異なる医薬品のことです。

したがって、フィナステリドを主成分とするシプラ社製の『フィンペシア』はプロペシア同様、男性型脱毛症治療に対し、非常に高い効果(抜け毛予防、発毛、育毛)が期待できるとして服用されている方も少なくありません。
ジェネリック医薬品の特徴
チェック価格が安い

  後発品であるジェネリック製品は、正規版よりも安価で購入することができる

チェック正規版の8~9割の効果

  品名は異なるが成分が同じなので、正規版とほぼ同等の効果が期待できる
抜け毛(異常脱毛)が止まるメカニズム
現時点では、年齢とともに頭頂部(いわゆるO型ハゲ)や、額の生え際(いわゆるM字ハゲ)から徐々に抜け毛が進行し薄毛が目立つようになる〝男性型脱毛症〟の主な原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンの一種が深く関係していると考えられています。

このジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンのひとつ〝テストステロン〟と、頭部の毛乳頭に含まれている物質〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟が結合することによって生成されるとする説が有力ですが、フィナステリドには、この5α‐リダクターゼの働きを抑制する効果があるようです。

そのため、ジヒドロテストステロンの産生に必要な5α‐リダクターゼがフィンペシアに含まれているフィナステリドによって阻害され、抜け毛(異常脱毛)が止まると考えられています。

しかし、次項で説明しますが、フィンペシアのような体内に直接取り込むタイプの育毛剤・発毛剤は、副作用のリスクや、その有効性に疑問が残ると主張する専門家も少なからずいるということも忘れてはなりません。


コレだけは押える!フィンペシアの効果と副作用

先にも説明したとおり、誤解を恐れずに簡単に言ってしまえば『フィンペシア』とはプロペシアのジェネリック版です。

したがって、プロペシアと同じく、男性型脱毛症によって進行している抜け毛予防、発毛・育毛効果が期待できますが、円形脱毛症や産後脱毛などによって進行していると思われる脱毛症については効果はない!と考えられています。

また、正規品プロペシアは、男性型脱毛症の〝進行を遅延〟する医薬品であって、育毛・発毛の有効性に関しては、疑問が残ると主張する専門家もいます。

そのため、フィナステリドで抜け毛の進行を食い止め、ミノキシジル等を含んだ外用薬で頭皮の環境を改善するケアが、育毛・発毛効果に最も有効であると考え併用治療を試みるケースも少なくなりません。
副作用
『フィンペシア』を服用したことで生じる副作用は、その大半が〝性機能関連〟に集中しています。

特に重病を患っていない健全な成人男性であれば、生死を左右するほどの副作用はないと考えられているようですが、何が起こるかわからないのが薬の副作用です(まだ治療を始めてからのデータが少なく、今後、予期せぬリスクが発覚することも十分考えられます)。

特に服用タイプの医薬品は外用薬以上にリスクが増すため、医師の指導・アドバイスを事前に受けることをオススメします。
服用後に現れる主な副作用
チェック性欲減退
チェック勃起不全(インポテンツ)
チェック精子の減少
チェックその他:睾丸痛、発疹、かゆみ、頭痛、腹痛、肝機能低下、動悸、蕁麻疹…等






薄毛対策:豆知識

フィンペシアを個人輸入する際の注意点

フィンペシアに限らず、海外製品を個人輸入する場合、国内商品をネット通販で購入するのとは少し違うため、購入手続きにおいて、若干、事情が異なってきます。

特に金額によっては関税などの税金がかかってくるので、はじめて個人輸入をしようと考えている方は、それなりの知識が必要です。
注意1:1万円を超える商品は関税が発生する!

注意2:商品発送先を自宅しか認めていない代行業者も多い!

注意3:一度に輸入できる数量には制限がある!

注意4:未承認薬であるフィンペシアは、薬事法で有効性や安全性が確認されている国内の医薬品等とは異なり保証等はない!
また、フィンペシアのような医薬品を個人輸入するとなると、流通ルートが明らかでないものや、製品の品質が保証されていなかったりする恐れも出てきますが、服用したことによる副作用も含めて、全て自己責任となってきます。

したがって、代行業者が特定商取引法(代表者・住所・電話番号(携帯のみは×)などは明記されているか?)を遵守しているかなど、入念に業者チェックを行い、少しでも怪しいと思われた業者については、個人輸入代行手続きは避けるべきです。

カフェタイム