薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
頭皮のふけ対策top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

知らないと怖い頭皮とふけの基礎知識

毎日、シャンプーを使って入念に洗髪しているのに、ふけが止まらない、頭がかゆい!

そんな、頭皮トラブルに悩む若者が、近年、男女問わず増えているようですが、度を越えた〝ふけ〟や〝かゆみ〟の症状は、頭皮が何らかの異常を知らせているシグナルと考えられます。

つまり、そのまま放置しておくと、にきびや脱毛症などの肌トラブルに悪化する原因にもなりかねないので早めの対策が必要です。

そこで、まずは、なぜ〝ふけ〟が出るのか? その辺りのメカニズムを知り、頭皮と〝ふけ〟の関係を理解しましょう。
〝ふけ〟とは…
頭部を覆っている皮膚(頭皮)は、細胞が何層にも重なり合っていますが、その最下層にある基底細胞は、日々、分裂を繰り返しています。

そのため、新しい層が作られるたびに、古い層は徐々に皮膚表面へと押し上げられ、角質化した古い細胞は、やがて頭皮から剥がれ落ちていく運命にありますが、これが〝ふけ〟の正体です。

※ 最下層で作られた層が剥がれ落ちるまでの期間は、概ね28日前後と考えられています。

つまり〝ふけ〟とは、頭皮表面の角質細胞が剥がれ落ちたものであり、誰にでも起こりうる生理現象なのです。

ところが、何らかの原因によって頭皮が異常をきたし、層のサイクル(ターンオーバー)が乱れ早まると、剥がれ落ちる角質細胞も増えるため、〝ふけ〟が大量発生し、ふけ症と呼ばれる症状に悩まされることになります。
ふけ症が招く頭皮トラブルとは?
〝ふけ〟は生理現象のひとつですが、異常に〝ふけ〟が発生すると、頭皮環境が悪くなり、その結果、様々な皮膚トラブルを招くと考えられています。
主な皮膚トラブル
チェックにきび・発疹・炎症

頭皮の毛穴が〝ふけ〟によって塞がれる。その結果、毛穴の中に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、雑菌が繁殖し炎症を起こしたり、にきびの原因とされる〝アクネ菌〟が好む環境が整い増殖する。また、ふけ症はかゆみを伴う症状も多く、爪でかきむしった際に頭皮を傷つけてしまうリスクが高まるため炎症が悪化するケースも多い。

チェック脱毛症

頭皮が脂っぽい人は、異常な量の〝ふけ〟と皮脂が混ざり合い脂漏性皮膚炎を引き起こす。また、症状が重くなるとヘアサイクルが乱れ抜け毛が増えるため、脂漏性脱毛症と呼ばれる症状に発展してしまうケースもある。※ 乾性による〝ふけ〟が原因で抜け毛が進行する粃糠(ひこう)性脱毛症もある。
脂漏性脱毛症とは? 脂性の〝フケ〟は乾性により生じる粉雪状の〝フケ〟とは異なり、髪に絡みつき簡単に落ちないのが特徴です。

これは頭皮の皮脂腺から分泌される皮脂量が非常に多いため、フケ(角質)と皮脂が混ざり合いベッタリとしたフケが発生しているためです。

このような脂性の〝フケ〟が頭皮に溜まると腐敗や酸化が進み、炎症が起こりやすくなりますが、ベタついた脂性の〝フケ〟は、日頃の洗髪では洗い落としにくいため、頭皮を清潔に保ちにくいといった問題点が挙げられます。

したがって、脂性による〝フケ〟の異常発生は、一度、皮膚科等に足を運び専門家によるアドバイスを受けた方が良いかもしれません。

脂性肌の人にみられる典型的な皮膚トラブルが脂漏性皮膚炎ですが、この脂漏性皮膚炎が悪化すると、稀に抜け毛が進行し脂漏性脱毛症を併発する恐れがあるともいわれています。

※脂漏性皮膚炎 … 頭皮や顔、胸など、皮脂の分泌量が比較的多い部位に発症しやすい皮膚トラブル。脂漏性皮膚炎は、にきびと併発しているケースも少なくありませんが、にきびとは異なる治療が必要になってくるため、場合によっては脂漏性皮膚炎とにきびの治療を同時に行わなければなりません。また、重度の脂漏性皮膚炎になると、稀に脱毛が生じる方もいます(脂漏性脱毛症)。主な治療法としては、炎症を抑えるステロイド外用剤や抗真菌外用剤、あるいは、ビタミン剤、抗ヒスタミン剤等の内服薬治療が試みられますが、再発しやすい患者も少なくなりません。

また、皮脂分泌量を左右する男性ホルモンは脂漏性皮膚炎だけでなく、男性型脱毛症も深く関わってくるので、頭皮が異常に脂っぽい方で薄毛の兆候が見られる方は、男性型脱毛症の併発によって抜け毛(異常脱毛)が増えていることも考えられます。
粃糠性脱毛症とは? 粃糠性脱毛症とは、通常、乾性型のフケ症にみられる抜け毛症です。

皮脂量が不足し、頭皮が乾燥していると、粉雪状の〝フケ〟がパラパラと発生することがありますが、頭皮の乾燥がさらに進み、本来、剥がれ落ちなくて良い皮膚までもが剥がれ落ち、角質の入れ替わり(ターンオーバー)が乱れると毛穴が炎症を起こして抜け毛が進行すると考えられています。

一般的に粃糠性脱毛症は頭皮の皮脂量が必要以上に減少することによって生じる頭皮トラブルのひとつのようです。

頭皮が必要としている皮脂まで奪い去ってしまうと皮膚のバリア機能が低下し、様々なトラブルを招く原因となります。

そのため、洗浄力が強すぎるシャンプー剤を使っていたり、必要以上に洗髪を繰り返している人で〝フケ〟が異常発生しているのであれば、まず、その使用しているシャンプー剤や洗髪回数を見直すことからはじめてみましょう。

※ シャンプーのし過ぎで頭皮が傷つき、炎症を招いていることも少なくありません。


コレだけは押さえる!頭皮のふけ症対策に欠かせない要素

頭皮ふけが異常発生する主な理由としては、下記に挙げるような原因が考えられます。
チェック原因:男性ホルモン

男性ホルモンの活発化により、頭皮の皮脂分泌量が増えると〝ふけ〟がベタつき毛穴に詰まりやすくなるため、雑菌が繁殖したり毛の成長を妨げる一要因となる。

対策洗髪(ケースによっては頭皮のクレンジングも効果的)により清潔な頭皮環境を維持することが必要。また、男性ホルモンの分泌を抑制するとされる成分(プロペシア、ヒノキチオールなと)を利用するのも一法(ただし、副作用の危険もあるので使用するかどうかは、医師に相談するなどしてよく検討すること)。


チェック原因:洗髪時のシャンプー&リンス …等

洗浄力の強いシャンプー剤の使用や洗髪のし過ぎは、本来、皮膚が必要としている皮脂さえも取り去ってしまうため、かえって頭皮がカサカサになることも多く、皮膚が剥がれ易くなってしまう危険がある。

対策日常、使用しているシャンプー剤や洗髪回数の見直しが必要!
ふけの原因は、ざっくり分けると湿性と乾燥性の2タイプに分類することができますが、タイプによって適切なケアが異なってきます。

そのため、自分の頭皮状態がどちらのタイプであるのかをしっかりと見極め、適切なケアを行うことが大切です(ふけが大量に出るという方は、一度皮膚科などの専門医に相談してみましょう)。








育毛:豆知識

海藻類を食べると髪は生えてくる?

毛髪の主成分はタンパク質なので、このタンパク質が不足すると髪の毛が痩せ細り抜け毛を促進させる原因になると言われていますが、海藻類(昆布、ワカメ等)に含まれる成分には健康な毛髪の育成に欠かせない次のような栄養素が豊富に含まれています。
ヨード
髪の毛にツヤを与える
マグネシウム
基礎代謝を高めて髪の毛の健康維持に有効
このような理由から海藻類は髪によい食物として昔から言い伝えられていますが、単に薄毛や若ハゲの人が積極的に海藻類を摂取したからといって毛髪が目に見えて生えてくるようなことはありません。

つまり、海藻類はあくまで髪の育成を補助するサポート的な役割を担った食物に過ぎないということです。

生活環境の変化で〝ふけ〟が増す?

職場の対人関係や生活環境の変化などが積み重なり、緊張した生活サイクルが続くと、知らず知らずのうちにストレスが溜まり、脳神経が刺激され、多量のふけが出ることがあります。

また、睡眠不足や乱れた食生活(不規則な食事やインスタント食品の摂取)を繰り返していると肌のターンオーバーを乱すもとになるため、場合によっては食生活の見直しや、適度にストレスを発散するような環境作りを心がけることも、ふけ予防につながります。

頭皮に棲みつく細菌がフケ症を招く?

人間の皮膚には常在菌と呼ばれる細菌が常に存在しますが、その皮膚常在菌のひとつ〝マラセチア〟と呼ばれるカビの一種(真菌)が〝フケ〟の異常発生に深く関わっているのではないかと考える専門家も少なくありません。
マラセチア異常繁殖説
皮膚常在菌の一種である〝マラセチア〟は皮脂を好むため、頭皮の皮脂分泌量が増えると増殖することがあります。

この真菌が異常に増えると頭皮の角質が刺激され、新陳代謝が乱れ角質細胞の剥がれ落ちるペースが早まり〝フケ〟が発生しやすくなると考えられているのです。

事実、フケ症の方の頭皮には、この真菌が異常発生しているケースも多く、症状が改善されることによって徐々にこの真菌が減少する傾向がみられたとする研究結果もあります。

カフェタイム