薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
ホホバオイルと頭皮の関係top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

ホホバオイルで頭皮改善?育毛効果の基礎知識

頭皮の環境を改善し、抜け毛予防や育毛効果があるとして、近年、注目を浴びている天然成分が〝ホホバオイル〟です。
ホホバオイルとは…
ホホバの種の画像ホホバオイルとは、主に北米の乾燥地帯(アリゾナ南部、カリフォルニア、メキシコ北部一帯)に生息している植物「ホホバ(JOJOBA)」の実から抽出される天然成分のことで、分子構造が人体の細胞構造によく似ており、肌(皮膚)への浸透性が高いため、現在は理想的なオイルとしてスキンケア商品で幅広く使用されています。
ホホバオイルの主な利点
チェック優れた浸透率&保湿力

ホホバオイルの分子構造が人間の細胞構造に近いことから、肌への浸透性が高く馴染みやすい。また、ホホバはもともと乾燥地帯に生息する植物であり、優れた保湿機能を備えている。

チェック高い安全性

ホホバオイルは人工心臓の潤滑油としても利用されており、毒性や刺激、副作用が極めて少ない。

チェック長期保存

ホホバオイル自体は酸化しにくく、バクテリアにも強いため長期保存が可能。
ホホバオイルの育毛効果
ホホバオイルに含まれている有効成分には頭皮環境を整え、抜け毛予防や育毛促進に効果が期待できるとして、現在、薄毛・若ハゲ治療にも積極的に取り入れられているようです。
チェック頭皮から分泌される皮脂に近い天然オイルであり、皮脂腺から分泌される皮脂量を抑制し、正常にコントロールする…

チェック液状ワックスが髪の毛を1本1本包み込みコーティングするので、痛んだ髪の修復効果がある…

チェック抜け毛(異常脱毛)は毛穴に詰まった汚れ(皮脂の蓄積など)が影響しているとも考えられており、ホホバオイルには、その汚れを溶かして頭皮の毛穴を清潔に保つ働きがある…
また、一説には、ホホバオイルには、AGA(男性型脱毛症)の進行に深く関わっていると考えらる強力な男性ホルモン〝ジヒドロテストステロン〟の生成に必要な〝5α‐リダクターゼ〟の働きを抑制する効果があるとも言われています。

ホホバオイルの分子構造は人体の細胞構造によく似ており、肌への浸透性が高く、非常に馴染みなすい性質を持っているため、頭皮環境の改善(清潔に保つ)や、健康な毛髪を維持するために有効な成分であると考えられています。

しかし、発毛・育毛の点からみると、その有効性についてはいまだはっきり解明されていないというのというのが実情のようです。

コレだけは押える!ホホバオイルとシャンプーの使い方

人間の細胞構造に非常に近く、頭皮の毛穴に詰まりがちな皮脂の除去に有効とされるホホバオイルの使い方は様々ですが、参考までに男性型脱毛症対策におけるホホバオイルの典型的な使用方法について、ひとつ例を挙げておきましょう。
Step1:ホホバオイルを塗布(洗髪前)

洗髪(シャンプー)前に、ホホバオイルを特に皮脂量が多い頭皮に適量塗布し、毛穴に詰まった皮脂汚れ等を溶かし浮き上がらせた(10~20分程度放置)後、軽くマッサージを行う。※ 簡易キャップを被るのも有効!

Step2:洗髪

指の腹を使ってシャンプー剤で入念に頭皮を洗髪する。

Step3:濯ぎ

シャンプー液が残留しないよう気をつけながら濯丹念にぎ洗いを行う。

Step4:ホホバオイルを塗布(洗髪後)

タオルで髪の水分をよく取り、再度、適量のホホバオイルを頭皮に塗布したら、すり込むようにマッサージを行う。ちなみに、育毛剤を併用している方は、ホホバオイルの前に育毛剤を塗布する。※ ホホバオイルを整髪剤として利用する場合は、タオルで水分を取った後、適量を髪全体になじませるとキューティクルを保護し、ツヤのある仕上がりになる。






薄毛:豆知識

過剰な皮脂が原因で薄毛・若ハゲになることはない?

頭皮の過剰な皮脂分泌が原因で薄毛になるとする説に否定的な専門家も少なくありません。

一般的に頭皮がベタつき脂っぽい人に起こる皮膚トラブルの主な病名には《脂漏性皮膚炎》が挙げれらますが、この脂漏性皮膚炎も、よほど重度の症状でない限り脱毛はほとんど起こらないと考えられています。

したがって、皮脂そのものが異常脱毛を招き、薄毛や若ハゲの直接の原因になっているとする説には疑問が残るところです。

また、近年、皮脂分泌量を左右する男性ホルモンは、脂漏性皮膚炎だけでなく、男性型脱毛症(AGA)にも深く関わっているとする説が有力であり、脂漏性脱毛症の方は、このAGAの併発によって抜け毛が悪化している場合も多いようです。

そのため、頭皮の皮脂量をコントロールしただけでは抜け毛は止まらず、脂漏性脱毛症治療と同時に男性型脱毛症の治療を受ける必要があると指摘する専門家もいます。

カフェタイム