薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
フロジン液【塩化カルプロニウム】top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押さえる!フロジン液の効果

フロジン(塩化カルプロニウム)には、胃の働きを活発化し、胃液の分泌を高める効果があることから、内服薬は慢性胃炎や胃下垂などの治療薬として、一方、外用薬は抜け毛症(円形脱毛症、悪性脱毛症…など)などの治療薬として病院で広く処方されています。
脱毛予防・発毛効果があるとされる理由
医療用脱毛症治療薬として用いられる『フロジン液』には、5%の塩化カルプロニウムが配合されています。

この塩化カルプロニウムには局所血管拡張作用があり、患部に外用液を塗布することで、頭皮の血管を拡張し血液の流れを良くします。

フロジン液:画像その結果、毛乳頭に十分な栄養が行き届き活発化するため、抜け毛防止や発毛促進効果があると考えられているようです。

※ フロジン液の効果は個人差があるので、誰に対しても同じ効果が現れるとは限りません。
塩化カルプロニウム配合育毛剤
塩化カルプロニウム含有率5%の高濃度『フロジン液』は、医師の処方が必要な医薬品なので、残念ながら近隣のドラッグストア等で購入することはできません。

しかし、『フロジン液』ほど濃度は高くないものの、塩化カルプロニウム配合育毛剤であれば、一般の薬局・薬店でも購入することは可能です。

その主な医薬品が、第一三共ヘルスケア(旧 第一製薬)から販売されている育毛剤『カロヤン』シリーズです。

近年、『カロヤン アポジカ』以来、十数年ぶりの新ブランドにあたる『カロヤン ガッシュ』が発売されたため、有効成分である〝塩化カルプロニウム〟が、従来品の1%から2%へアップされ、血行促進作用の強化を図っています。

※ 円形脱毛症等の抜け毛症患者であれば、医師の処方を受けることで高濃度フロジン液を安く(保険適用対象医薬品なので)入手することができます。

知らないと怖い!フロジン液の副作用

医療用脱毛症治療薬『フロジン液』にしろ、市販育毛剤『カロヤン』シリーズにしろ、塩化カルプロニウムを含んだ両製品は、少なからず副作用についても押えておく必要があるので、その主な症状について列挙しておきます。
主な副作用
チェック発汗

 血管拡張作用による頭皮の発汗・全身性の発汗、それに伴う悪寒・ほてり …など

チェック頭皮の異常

 頭皮の発疹、発赤、腫れ、かぶれ、かゆみ …など

チェックその他

 吐き気、嘔吐 …など
上記副作用が、使用者すべての方に現れるというわけではありませんが、特にアレルギー体質の方や、持病により使用する上で何らかの不安を感じている方などは、事前に医師や薬剤師に相談してみることをオススメします。




育毛剤:豆知識

『カロヤンガッシュ』とは?

第一三共ヘルスケアから販売されている「カロヤン」シリーズには、育毛促進効果があるとされる有効成分〝塩化カルプロニウム〟が従来の2倍配合された育毛剤『カロヤンガッシュ』が、新商品として発売されました。

この育毛剤には塩化カルプロニウムのほか、主に次のような成分が配合されています。
チェックカシュウチンキ

カシュウ(何首烏)とは、古くから強壮剤として利用されている生薬のひとつであり、頭皮の余分な脂質を除去する作用がある。

チェックチクセツニンジンチンキ

ウコギ科の植物トチバニンジンの根茎を乾燥したもの。毛母細胞を刺激して活性化させる作用がある。

チェックヒノキチオール

殺菌作用により、ふけ・かゆみを抑える。また、脱毛の原因と目される男性ホルモンの活性化を抑制する働きがある。



カフェタイム