薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
リアップの副作用top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押える!リアップの副作用

大正製薬から販売されている『リアップ【RiUP】』には〝ミノキシジル〟が配合(含有率1%と5%)されていますが、この薬効に発毛・育毛効果があると考えられています。

しかし、過去にミノキシジルを主成分とした発毛・育毛剤を使用した患者から死者が出たという報告もあるので、使用を考えている方は、外用薬とはいえ、その副作用についても少なからず考慮する必要がありそうです。

※補足情報:育毛剤の副作用が原因であると疑われた死亡例はあるものの、その因果関係については、いずれもはっきりと確認されていません。

特に『リアップ』は医薬品ではありますが、一般用医薬品(ダイレクトOTC薬)としての扱いを受けているため、近隣のドラッグストア等で簡単に入手することができます。

つまり、基本的には医師の指導やアドバイスを受けずに、あなた自身の判断で使用することが許されているのです。

そこで、『リアップ』をはじめとする〝ミノキシジル〟配合医薬品で起こりうる主な副作用をいくつか列挙しておくので、購入の際の参考にしてみて下さい。
主な副作用
チェック循環器系の異常

  血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞 …等

チェック皮膚の異常

  かぶれ、発疹、かゆみ、ふけ、頭部の熱感 …等

チェック神経系 …その他

  頭痛、めまい、胸痛、手・足のむくみ(しびれ)、原因不明の体重増加 …等
使用者は上記のような症状が必ず現れる!というわけではありませんが、人によっては副作用を伴う恐れがあるということを理解しておくべきです。

また、ミノキシジル系発毛剤『リアップ』は、抜け毛症(男性型脱毛症)の原因を根本的に治療する医薬品ではありません。

つまり、たとえ効果(抜け毛の減少、発毛など)があった人でも、その後、使用を止めてしまうと、再び抜け毛が進行してしまうので、現状維持、あるいは発毛を期待されている方は、効果が現れた場合でも継続使用する必要があります。

※ リアップの旧取扱説明書によると、1年間継続使用して何ら改善が見られない場合は使用を中止し、医師(薬剤師)に相談(理由:AGA以外の脱毛が考えられる…など)するよう但し書きされています。

ミノキシジル含有率の高い海外製育毛剤について

日本国内で販売されている発毛剤『リアップ【RiUP】』のミノキシジル含有率は、従来1%(1.0g/100ml中)のみでしたが、現在は高濃度(含有率5%)発毛剤『リアップX5』も発売されており、海外で販売されているミノキシジル系育毛剤と引けをとらない製品となっています。

そのため、従来の1%『リアップ』では物足りないと感じた方が、個人輸入という形で、より濃度の高いロゲイン等の海外製育毛剤に手を出すこともありましたが、最近は対面販売に抵抗がある(ただし、ネット通販で購入することは可能)、あるいは、リアップ以外のミノキシジル系育毛剤を試してみたいという方を中心に海外製育毛剤を入手するケースも増えているようです。

ミノキシジル系育毛剤は濃度が高いほど、より発毛・育毛効果がみられたとするデータもあるようですが、濃度が高ければ高いほど、それに比例して副作用等のリスクも増すので、個人輸入される方は細心の注意が必要です。

※注:ミノキシジル濃度が高いからといって、必ずしも育毛・発毛効果が現れるとは限りません。
ミノキシジル含有率
国名 製品名 含有率
アメリカ ロゲイン 2%・5%
カナダ ロゲイン 2%
イギリス リゲイン 2%
フランス リゲイン 2%
ニュージーランド ヘッドウェイ 5%


海外製医薬品を個人輸入する際の注意点
海外の医薬品や化粧品等を営業目的で輸入する場合は、薬事法の規定によって厚生労働大臣の許可を必要としますが、自分自身で使用することを目的とした国内への持込に対しては、この許可が免除されます。

しかし、たとえ厚生労働大臣の許可がいらないにしても、購入手続きや支払方法、あるいは言語の違いなどが大きな壁となり、実際には簡単に輸入することができないというのが現状です。

そこで、日本では販売が認められていないロゲインやポラリス等を個人輸入するには、これら一連の手続きを代行してくれる個人輸入代行業者を利用して入手するのが一般的なようですが、一連の手続きをすべて個人輸入代行業者が行ってくれるといっても、ロゲインのような未承認医薬品の使用に関しては、すべて〝自己責任〟になるということを忘れないで下さい。

また、個人輸入される方は、右記豆知識(個人輸入者が、必ず肝に銘じておくべき7ヵ条)もご覧下さい。




育毛剤:豆知識

育毛剤『リアップ』『リゲイン』『ロゲイン』商品名が異なるのはなぜ?

もともと血管拡張作用のあることで知られていたミノキシジルに発毛効果という副作用がみられたことから、米国のアップジョン(現ファイザー)社が研究開発を進め、ミノキシジル配合の発毛・育毛ローションが誕生しましたが、販売されている国によって商品名が異なります。

というのは、もともとアップジョン社は「髪を再生させる(リ・ゲイン)」という意味をもつ『リゲイン』という商品(ブランド)名で販売する予定でしたが、既に他社によって使用されていたため、諦めざるをえなかったという事情があったようです。

リゲインまた、国内で商品化される際にも「リゲインで…」との要請があったようですが、既に『リゲイン』という栄養補給ドリンク剤が商品化されていたため実現しませんでした。

個人輸入者が肝に銘じておくべき7ヵ条

ロゲイン等を個人輸入する場合、注意しなければならない点が何点かありますが、コレだけは押えておいてほしい主な注意点を列挙しておきましょう。
1条:1万円を超える商品については、関税が発生する!

2条:個人輸入代行を利用する場合、商品の発送先が自宅発送しか認めていない業者もある!

3条:ロゲインを一度に輸入できる数量には制限がある!

4条:医師の処方を受けず自身の判断でロゲインを個人輸入した場合、使用したことにより生じた副作用はすべて自己責任となる!

5条:日本国内におけるロゲインの扱いは未承認医薬品であり、薬事法で有効性や安全性が確認されている国内の医薬品等とは異なり保証はない!

6条:クーリングオフの適応はない!

7条:個人輸入代行業者に対し、商品(効果・副作用等)に関する説明を求めても薬事法の規定により答えてもらえない!

カフェタイム