薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
リアップの効果top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

発毛剤(脱毛予防・育毛剤)リアップ[RiUP]とは?

リアップとは、大正製薬から販売されている発毛・育毛剤ですが、この医薬品が薄毛予防・治療に効果があるとされる理由は配合されている有効成分〝ミノキシジル〟に他なりません。

もともと血管拡張作用があることで知られていたミノキシジルは、高血圧治療剤として利用されていました。

ところが、服用した患者の体毛が濃くなるといった副作用がみられたことから、米国の製薬会社アップジョン(現ファイザー)社が、研究開発を進めた結果、ミノキシジルを主成分としたトニックタイプの発毛剤『ロゲイン』が誕生しています。

現在、医薬の認可に厳しいことで知られるFDA(米国食品医薬品局)から正式に認可を受けた発毛・育毛剤は『ロゲイン』と、フィナステリドを主成分とした『プロペシア』の2種類だけであり、ミノキシジルを主成分としたこの発毛・育毛剤は、現在、世界中(90ヵ国以上)で販売されています。

リアップ(大正製薬)画像ちなみに、アップジョン社は製造ライセンスを複数の会社に与えているため『ロゲイン』とは異なる名称(ヨーロッパでは『リゲイン』)のミノキシジル配合発毛剤が各国で販売されており、日本国内では、先に説明したように、大正製薬から『リアップ【RiUP】』という商品名で販売されています。
ミノキシジルの作用
発毛・育毛剤『リアップ【RiUP】』に配合されているミノキシジルが、なぜ抜け毛を予防し、髪の育成・発毛を促すのかについては、正直なところ、いまだ解明されていない部分も多いようですが、その薬効から主に次のような働きがあるのではないかと考えられています。
チェックミノキシジルの薬効が血管拡張作用にあることから、頭部の血流を良くし、毛母細胞か活発化する…

チェック抜け毛に深く関わっているとされる男性ホルモンの変換酵素を阻害する…
いずれにせよ、数々の臨床試験から、抜け毛(異常脱毛)が減少した…あるいは、育毛・発毛効果がみられた…というように、ミノキシジルを塗布した複数の使用者に何らかの効果があったことは事実のようです。

しかし、改善効果の見られなかった患者もいることから、過度の期待は禁物かもしれません。

コレだけは押える!リアップの育毛・発毛効果

発毛・育毛剤『リアップ【RiUP】』の薬効成分ミノキシジルが効果を発揮する脱毛タイプは〝男性型脱毛症〟であり、他の抜け毛症(円形脱毛症や産後脱毛症など)に関しては、その効果・安全性がはっきりと認められていません。

そのため、女性や未成年者(20歳未満)の方は『リアップ』の使用を控えるようにとの注意書きが使用説明書にあります。

※ 補足情報:2005年4月より、女性用発毛剤『リアップレディ』が、全国の薬局・薬店で販売されているので、女性の方は『リアップレディ』(2011年11月以降、商品名を『リアップリジェンヌ』へと変更)を使用することが出来ます。
リアップ効果のある男性型脱毛症とは?
大半の男性は年を重ねると髪の毛が額の剃り込み部分の生え際から徐々に後退(M字ハゲ)したり、頭頂部周辺から円状に拡大(O字ハゲ)していきますが、このような特徴をもって脱毛が進行していく抜け毛症が、いわゆる〝男性型脱毛症〟と呼ばれる症状です。
男性型脱毛症 若年性脱毛症 20~30代で進行が見られる抜け毛症
壮年性脱毛症 主に40代以降に見られる抜け毛症
老人性脱毛症 60歳を超えたあたりから、自然の成行き(老化現象)によって、頭髪を含む全身の体毛が薄くなる
※ 特に明確な基準があるわけではないので、表はあくまで参考程度として受け止めてください。


ただし、『リアップ』が効果を発揮するとされる男性型脱毛症と思われるケース(主にO字ハゲ)であっても、そのパターン(進行状態)や症状によっては、ほとんど効果が見られない場合もあるようです。

※ 個人差はあるものの、頭髪に何かしらの効果(抜け毛の減少・発毛効果…など)が現れるまでには、最低でも半年程度の継続使用を推奨しています。

また、『リアップ』を使用しても何ら症状の改善が見られない場合には、患者の脱毛タイプが男性型脱毛症ではない(つまり、リアップが適用しない脱毛パターン)ことも考えられます。

なお、『リアップ』の使用を検討している方は、必ずリアップ【RiUP】の副作用についても押さえておきましょう。




リアップ:豆知識

女性用発毛・育毛剤「リアップレディ」とは?

大正製薬から販売されている『リアップ』は、男性を対象とした発毛・育毛剤であり、開発時は女性に対する十分な臨床試験が行わていません。

したがって、女性に対する、その有効性や安全性は確認されておらず、女性の使用に関しては、あまりおすすめできない現状がありました。

そこで、女性の方にも安心して使用できる『リアップ』の開発に取りかかった大正製薬は、2005年4月、日本初の女性用発毛・育毛剤『リアップレディ』を発売しました。

現在は、商品名を『リアップリジェンヌ』と変えて販売していますが、この女性用リアップの主成分も〝ミノキシジル〟なので、その効果については、壮年性脱毛症を対象とした発毛・育毛剤として使用することができます。

そのため、女性が比較的なりやすいとされる〝びまん性脱毛症〟や〝産後脱毛〟をはじめ、過剰なダイエットやヘアケアを原因とするような脱毛タイプには効果ないと考えられているので、自分の脱毛がどの状態で生じているのか把握することが大切です。
改正薬事法の影響

2009年6月にスタートした改正薬事法により、一般医薬品のネット販売規制が強化されたため、第1類医薬品に指定されている『リアップ』は、ネット通販で購入することができなくなってしまいましたが、最高裁での国の敗訴が確定(2013年1月11日)したことにより、現在はネット通販が再度可能となりました。

この手の悩み系商品は、できるだけ人に知られずに購入したいと思う店頭購入しにくい商品なだけに、この判決に正直ホッとしている方も多いかと思われますが、国は改めて薬事法改正などによる規制を検討する動きもあるようなので、今後の動向に注目する必要がありそうです。