薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
抜け毛とシャンプーの関係top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押える!抜け毛とシャンプーの基礎知識

男女問わず、20~30代の薄毛・若ハゲ率が高まっているせいか、近年、必要以上に抜け毛を気にする若者が増えているようです。

こうした若年性脱毛と呼ばれる抜け毛(異常脱毛)のメカニズムについては、いまだ未知数な部分も多く、ホルモンバランスの乱れをはじめとした様々な要因が複雑に絡み合っているとする説もありますが、日頃、使用しているシャンプー剤が、抜け毛を悪化させる一要因ではないかと指摘する人もいるようです。

そこで、シャンプー剤の基礎知識を学ぶとともに、抜け毛を悪化させているとする諸説についてまとめてみましょう。
シャンプーと抜け毛の関係
シャンプーが異常脱毛を招いているとする理由は、主に次のようなものです。
チェック配合成分

市販のシャンプー剤に配合されている成分(主に合成界面活性剤)そのものが、頭皮・毛根にダメージを与えている…説

チェックシャンプー液の残留

洗髪時におけるシャンプー液の洗い残しが毛穴に詰まり、炎症を起こすなどの皮膚トラブルを招いた結果、毛髪の育成が妨げられている…説

チェック抗体作用による皮脂分泌の増加

洗浄力の強いシャンプー剤の使用や過剰な洗髪により、本来、頭皮が必要としている皮脂まで除去されてしまうことで、生体の抗体作用が働き、かえって頭皮の皮脂分泌量が増加してしまっている…説
シャンプーの種類
シャンプーとは、本来、頭皮の汚れを除去し清潔に保つことが目的ですが、その種類は実に様々です。

体質によっては、配合されている原材料が頭皮に合わず、清潔に保つどころか、知らず知らずのうちに、かえって負担をかけていることもあるので、市販のシャンプー剤の主な種類と、その特徴を知り、愛用のシャンプーを見直してみるのもよいかもしれません。
シャンプー剤の種類と特徴
アミノ酸系 人間の皮膚(頭皮)や毛髪が、およそ20種類のアミノ酸から構成されていることに注目して作られたもので、アミノ酸系シャンプーは、さらに《合成系》と《天然系》とに分類することができる。肌と同じ弱酸性であり、他の種類に比べ、髪や肌に優しく安全であるとされるが、その分、洗浄力は弱い。保湿力が高く、洗髪後のパサツキがあまり気にならないのも特徴のひとつ。一般的にアミノ酸系(天然)シャンプーは、薄毛や若ハゲが気になる人にオススメとされている。
セッケン系 人体に与える害が少ないと言う点においては、他の種類に比べ、比較的高いと考えられている。アミノ酸系シャンプーとは異なり、強い洗浄力(皮脂を取りすぎてしまう恐れもある)を発揮するため、特に脂性肌向きといわれている。ただし、アレルギー体質や皮膚の弱い方には、洗浄力が強いと感じてしまう傾向にあり、アルカリ性なので洗髪後はゴワゴワした感触が残ることも多い。
(高級)
アルコール系
最も多く市販されているタイプ。この場合の高級とは〝高価〟という意味ではなく、炭素数の数(6個以上)を意味し、炭素の多いシャンプー剤は泡立ちが良く、洗浄力も強くなる。ただし、人によっては地肌に合わない配合成分を含んでいる製品も少なくないので、抜け毛や薄毛が気になる人は要注意。
石油系 洗浄力に優れ、主に脂性肌でフケがよく出る人向きとされている。ただし、環境汚染・人体に有害であると指摘されることも多く、現在は、あまり見かけない。

抜け毛予防に効果的なシャンプーとは?

育毛や発毛のためには、市販商品はかえって抜け毛を促進させるリスクが高く使用すべきではない!と主張する人も少なくありません。

しかし、シャンプー剤による洗髪が、異常脱毛による抜け毛にどの程度影響を及ぼしているのかについては科学的に解明されているわけではなく、また日常的にシャンプーを使用している人すべての方が抜け毛で悩んでいるわけではないので、使用そのものをストップすれば脱毛が止まるとする考えは、あまりにも安易で短絡的です。

先にも説明したとおり、シャンプー剤の本来の目的は、お湯では落としきれない汚れ(皮脂など)を取り除き、頭皮や毛穴を清潔に保つことにあります。

したがって、シャンプーを使用するしないについての最終的な判断は、あなた自身が決めることですが、個人的には、薄毛・若ハゲで悩んでいようと、自分の頭皮に適した商品を選択し、正しい洗髪方法によるケアをすることの方が大切であると考えます。
シャンプーの選択基準
先に説明したとおり、シャンプー剤には、その成分によって主に4タイプに分類することができます。

基本的に薄毛や若ハゲに悩む人は、石油系や高級アルコール系は避けるべきだと言われていますが、アミノ酸系シャンプーであっても、様々な商品が世に出回っていることから、選択の基準が難しいところです。

そこで、参考になるかどうかは分かりませんが、シャンプー剤選びのポイントになりそうな事項をいくつか列挙しておきましょう。
選択基準のポイント
チェック洗浄力の強すぎるシャンプー剤は、抗体作用(過剰な皮脂分泌)を招く恐れがある!

チェック抜け毛が気になる人は、極力、リンス・イン・シャンプーは避ける!

※ 粗悪なシャンプー剤がリンスによってごまかされていることも…

チェックテレビCMや広告に踊らされない!

※ 大々的に宣伝している製品は使用感を重視した油分の多い製品も多く、抜け毛対策・予防には、比較的不向きなシャンプー剤であることも少なくない。

チェック「パラベン」「ラウリル硫酸ナトリウム 」「ラウリルエーテル硫酸塩」「プロピレングリコール」「安息香酸」等が配合された製品は避ける!

チェック髪を摩擦から保護するため、適度な泡立ちがある!






抜け毛:豆知識

抜け毛予防に欠かせない洗髪方法とは?

頭皮が常に油っぽいのが抜け毛の原因であると考え、洗浄力の強いシャンプー剤で日に何度も洗髪する行為はあまり勧められるものではありません。

頭皮の皮脂は、本来、外部から受ける様々な刺激から守る大切な役割を担っており、過剰な皮脂の除去は、他の肌トラブルを招く危険があるだけでなく、洗髪のし過ぎは肌本来が備えている油分を取りすぎてしまうため、それを補おうと、さらに皮脂分泌が多くなってしまう恐れがあり、かえって逆効果になることも考えられるからです。

また、頭皮の状態によっては(乾燥肌など)、必ずしも洗剤による洗髪が毎日必要であるとは限りません。

頭皮の汚れの7~8割は、シャンプー前に行う予備洗いで落とせると言われているので、洗剤を使った洗髪は2日に1回のペースに減らし、頭皮の状態によっては湯洗いで済ますといった工夫も試す価値はありそうです。
Step1:予備洗い

まずは、軽くブラッシングを行い髪のもつれと汚れをかき出す。その後、少し熱めのお湯(38度前後)で、シャンプー液を使わずに予備洗いを入念に行う。※ 単に髪を濡らす程度と思わず3分程度しっかりと全体のすすぎ洗いを心がける!

Step2:頭皮の洗浄

洗剤をそのまま頭皮に直接振りかける行為は頭皮を刺激するためNG!必ず掌で泡立ててから、指の腹で頭皮を優しく揉む(爪を立てるのも×)ようにして全体をしっかりと洗う。

Step3:すすぎ

シャンプー液の洗い残しは毛穴を詰まらせ〝にきび〟が出来るもとになるため、しっかりとぬるま湯ですすぎ洗いを行う。髪の長さにもよるが、時間にすると3分程度のすすぎは必要。洗髪後は清潔なタオルで水分を取り、8割程度乾かしたら自然乾燥。

カフェタイム