薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
脂漏性脱毛症top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押える!脂漏性脱毛症の基礎知識

抜け毛(異常脱毛)によって薄毛が進行するとされるメカニズムについては、いまだ解明されていない部分も多いのですが、男性ホルモンが深く関わっているとする点について異議を唱える専門家は少ないようです。

脂漏性脱毛症とは、文字どおり、頭皮の過剰な皮脂が引き金となって起こる脱毛症として説明されることが多いのですが、その過剰な皮脂分泌を招いている原因は、ホルモンバランス(特に男性ホルモン)の乱れにあると考えられています。
脂漏性脱毛症のメカニズム
過剰な皮脂分泌が抜け毛(異常脱毛)を増やすとされる理由としては、主に次の様な説があります。
チェック角栓様物質による毛穴の詰まり

皮脂腺から分泌される皮脂には、様々な外的から皮膚を守る保護膜としてのバリア機能や肌の水分保持等の役割を担っているが、過剰な皮脂は角栓用物質(皮脂と古い角質が混ざり合うことによって作られる物質)を形成し、毛穴を詰まらせ髪の育成を妨げる。

チェック頭皮・毛根の炎症

脂性である皮脂はベタつき、埃や雑菌が付着しやすい。日頃の洗髪では毛穴にこびり付いた雑菌をすべて除去することが難しいため、しだいに細菌が繁殖し、頭皮や毛根が炎症を起こしはじめる。その結果、毛母細胞の細胞分裂がうまく機能せず髪の育成が阻害される。
また、脂漏性脱毛症は遺伝や食生活の乱れ等が引き金になっているとも考えられていますが、その原因については残念ながら特定できていません。

皮脂を原因とする異常脱毛(脂漏性脱毛症など)説には疑問あり?

頭皮の脂(皮脂)が、薄毛・若ハゲの原因であるとする説に疑問を持たれる専門家は実は少なくありません。

つまり、皮脂でハゲることはない!ということです。

一般的に頭皮がベタつき脂っぽい人は脂漏性脱毛症と考えがちですが、過剰な皮脂による皮膚トラブルで考えられる主な症状としては、脂漏性脱毛症よりも、むしろ〝脂漏性皮膚炎〟の方が多いようです。

※ 脂漏性皮膚炎の治療には、ビタミンB2・B6の内服や、外用抗真菌剤等の投与が有効であるとされています。
脂漏性皮膚炎とみられる主な症状
(個人差あり)
・頭皮が赤く腫れ上がる…
・痒みをともなう…
・ベタついたフケが異常に多い…
重度の脂漏性皮膚炎にあっては、炎症などの皮膚トラブルから、稀に脱毛が起こるケースがあると言われていますが、どうやら皮脂そのものが抜け毛を招いているわけではなさそうです。

皮脂分泌量を左右する男性ホルモンは、脂漏性皮膚炎だけでなく、男性型脱毛症にも深く関わっているので、脂漏性脱毛症と思い込んでいる方の中には、男性型脱毛症【右記:豆知識参考】の併発によって異常脱毛が進行しているとする説が、近年は有力視されています。

そのため、既に薄毛や若ハゲが進行している患者の頭皮皮脂量を、単に抑制しただけでは抜け毛は止まらず、同時に男性型脱毛症の治療を受ける必要があるのではないかと指摘する専門家もいます。




薄毛:豆知識

AGA検査キットとは?

前頭部や頭頂部の毛髪が徐々に抜け落ちていく典型的な抜け毛症が男性型脱毛症(AGA)です。

どちらかというと男性特有の抜け毛症といえ、加齢(主に40代以降)とともに発症率が高まる症状ですが、近年は若年層(20~30代)間で増えているようです。

その原因は、現在、男性ホルモンである〝テストステロン〟と、頭部の毛乳頭に含まれる物質〝5α‐リダクターゼ〟とが結合することによって生成される物質ジヒドロテストステロンにあると考えられています。

AGAは男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が大きいという説があり、近年は将来的な薄毛の心配を遺伝子レベルでチェックする検査キット『AGAドック』などが注目を浴びているようです。




『AGAドック』は、専用の綿棒でほほ内側を軽くこすりとり、採取した粘膜を同封の書類と一緒に送るだけの自宅で簡単に行える検査キットなので、薄毛で悩んでいる方は、一度、検討してみるのも良いかもしれません。

カフェタイム