薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
抜け毛癖top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

抜け毛癖とは…?

抜毛癖(ばつもうへき)とは、自分で自分の体毛(主に頭髪)を抜いてしまう衝動制御障害(ICD)に分類される性癖の一種です。

どちらかというと〝トリコチロマニア〟〝抜毛症〟と言った名称で呼ばれることが多いようですが、いずれにせよ、世間一般では、あまり知られていない病名であることは間違いありません。

そのため、本人が無意識に髪の毛を引き抜いているような場合には、円形脱毛症と勘違いしてしまい、誤った治療・対策が行われていることも少なくないようです。

抜毛癖は、ヘアサイクルや頭皮、毛根自体に異常があるわけではなく、人為的に毛をむしりとってしまうことで脱毛が悪化していくため、円形脱毛症とは異なるケアが必要になってきます。
抜毛癖の特徴
抜け毛治療・対策の際には、まず、トラブルの起きている脱毛部位が〝抜毛癖〟によるものなのか、それとも〝円形脱毛症〟によるものなのかを突き止めることが肝心です。
チェック利き手側に多い!

抜毛癖とは、本人が無意識(ケースによっては自覚がある)に、自ら毛髪を引き抜く行為を繰り返し行うことで抜け毛(脱毛)が進行していく性癖の一種です。そのため、比較的、手の届きやすい範囲内(特に利き手側の前頭部や側頭部)で起こりやすい症状であると言えます。

チェック他の癖を併発している!

抜け毛癖が見られる人は、指しゃぶりや爪噛み、あるいはチックなどを併発しているケースも少なくありません。

チェック幼少期に多い!

トリコチロマニアは〝心の病(やまい)〟ともいわれており、特に情緒不安定な時期である、幼少期の児童(主に幼稚園~小学生)に現れやすいといった傾向がみられます。ただし、近年は、成人以降になってから症状が現れる人も増えているので成人だから…と油断はできません。

コレだけは押さえる!抜け毛癖の治療・改善策

抜毛癖患者の多くが幼少期の児童(幼稚園~小学生)であり、子供の成長とともに回復するのが一般的であることから、その主な原因は、心理的・精神的ストレスが大きく影響しているのではないかと考えられています。

また、若年性脱毛症や脂漏性脱毛症とは異なり、ヘアサイクルや毛根自体に髪の育成を妨げる問題が生じているわけではありません。

したがって、基本的には育毛剤や発毛剤等によるケアは不要であり、内面的なケア(カウンセリングなど)によって、患者の大半が完治(髪の毛が生えてくる)しているといった現状がみられます。

しかし、長期にわたって抜け毛癖が続いてしまうと、頭皮や毛根にダメージを与え、毛が生えにくくなったり、あるいは、細く柔らかい毛髪しか生えてこない恐れも出てくるので、重度の症状が見られる場合には早期ケアがとても重要になってきます。
抜毛癖の治療法
心理的・精神的ストレスから開放されない限り、根本的な治療・改善には結びつかないことから、考えようによっては治療の難しい病気であると言えるかもしれません。

しかし、比較的、程度が軽い場合、子供の成長とともに髪の毛を抜く癖は治まっていくため、特にこれといった処置を施さなくとも、毛髪が自然回復するケースも少なくないようです。

なお、抜毛癖対策では、通常、メンタルケを中心とした治療が行われます。

特に子供が無意識で抜け毛癖を繰り返している場合には、親のサポートが欠かせません。

そのため、抜毛癖を熟知した専門医(心理カウンセラーなど)による指導・アドバイスを受けながら、子供と一緒になって根気よく治療に専念することが重要だと言われています。
チェック自覚症状のない子供に対しては、無意識に毛を抜いていることを、直接、指摘する(だたし、指摘する際、子供を叱ったりする行為は、かえって逆効果!)

チェック指摘程度では治らない場合、専門医(精神科医/皮膚科医)による心理カウンセリングなとが有効な場合もある。




抜け毛:豆知識

秋になると抜け毛は増える !?

よく「季節の変わり目は抜け毛が増える…」と言われますが、特に夏の終わりから秋にかけて抜け落ちる髪の量を心配する人は少なくありません。

年間を通じて9~11月が、抜け毛の量が最も多い時期であるとする統計もあるようですが、夏の終わりから秋にかけて抜け毛が増えるとされる主な理由は次のとおりです。
( 汗 )

夏場は特に頭部に汗が溜まりやすく、頭皮の保護膜としての働きがある皮脂に汗が吸収されると水分だけが蒸発し塩分が頭皮に残ってしまう。結果、この塩分や不純物などが徐々に蓄積し、頭皮の毛穴に詰まると皮膚呼吸や髪の育成を妨げる原因となる。

( 紫外線 )

夏場は特に紫外線量が多く強いため、頭皮の皮脂が過酸化脂質に変わりやすく、頭皮にダメージを受けやすい。
秋になると抜け毛の量が増えるのは、夏の間に蓄積されたダメージによってヘアサイクルが乱れ、髪の育成に必要な十分な栄養が毛母細胞に行き届かないために起こっていると考えられています。

カフェタイム