薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
トリコチロマニアtop
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

コレだけは押さえる!トリコチロマニアの基礎知識

トリコチロマニアとは…
トリコチロマニア(トリコチロマニー)とは、衝動制御障害(ICD)に分類される性癖の一種です。

※ トリコチロマニアの症状が見られる人は、指しゃぶりや爪噛み、あるいはチックなどを併発しているケースも少なくないようです。

抜毛症と呼ばれることもあるため、《円形脱毛症》や《脂漏性脱毛症》のように数ある抜け毛症の一種として扱われることがありますが、正確には抜け毛症とは異なる種類の症状です。

先にトリコチロマニアとは〝性癖〟のひとつであると説明したとおり、本人が無意識(ケースによっては自覚がある)に、自ら毛髪を引き抜く行為を繰り返し行うため、抜け毛(脱毛)が進行していきます。

したがって、トリコチロマニアは、手の届きやすい範囲内(特に利き手側)で起こりやすく、毛髪に限らず下記に示すような体毛で症状が見られることもあります。
主な脱毛部位
チェック頭(主に前頭部・側頭部)チェック眉毛チェックまつ毛チェック陰毛
トリコチロマニアの特徴
トリコチロマニアは〝心の病(やまい)〟とも言われ、特に情緒不安定な時期である、幼少期の児童(主に幼稚園~小学生)に現れやすいといった傾向がみられます。

※ ただし、近年は成人以降になってから症状が現れる人も増えているようです。

また、特定の部位の毛髪を指で挟んで引き抜くことから、円形脱毛症に似た外見を呈していることも多く、本人や親が原因を特定できないまま、症状が進行してしまう場合も少なくありません。
トリコチロマニアの原因
トリコチロマニアの発症者の多くが幼少期の児童であり、子供の成長とともに回復するのが一般的傾向にあることから、その主な原因は、心理的・精神的ストレスが大きく影響しているのではないかと考える専門家も少なくありません。

そのため、トリコチロマニアを原因とする脱毛については、治療(カウンセリングなど)によって徐々に回復するケースも多いようです。

トリコチロマニアの治療・対処法とは…?

心理的・精神的ストレスが積み重なり、自らの手で毛髪を引き抜くトリコチロマニア(トリコチロマニー)は、他の抜け毛症とは異なり、通常、頭皮や毛質に異常があるわけではないので、育毛剤や発毛剤等による表面的なケアでは回復しません。

また、程度が軽い場合には、子供の成長とともに症状が次第に治まっていくこともあり、特にこれといった処置を施さなくとも、毛髪は自然に回復するケースも少なくないようです。

しかし、程度が重くトリコチロマニアが長期に渡って繰り返されると、頭皮や毛根にダメージを与え、毛が生えにくくなったり、細く柔らかい毛髪しか生えてこない恐れもあるので注意が必要です。

対処法としては、当事者の欲求不満や不安を取り除いてあげることが重要なので、特に子供に対しては、怒ったり手を挙げて叱ったりする行為は禁物だと言われています。
主な対処法
チェック自覚症状のない子供に対しては、無意識に毛を抜いていることを、直接、指摘する(だたし、指摘する際、子供を叱ったりする行為は逆効果!)

チェック指摘程度では治らない場合、専門医(精神科医/皮膚科医)による心理カウンセリングなとが有効な場合もある。



抜毛症:豆知識

抜毛症と円形脱毛症の違い

毛髪の一部だけが抜け落ちる抜毛症(トリコチロマニア)は、円形脱毛症と勘違いされることもありますが、両者は異なるヘアトラブルです。

円形脱毛症は、主に後頭部を中心に、円形(あるいは楕円形)状に脱毛が進行する代表的な抜け毛症のひとつです。

重度の症状では頭髪に限らず、全身(髭・眉毛など)の体毛が抜け落ちることもあるようですが、抜毛症とは異なり、本人が毛を抜き取らずとも自然に毛が抜け落ちてしまいます。

円形脱毛症は、通常、500円玉大ほどの大きさで、年齢・性別を問わず発症する可能性がありますが、抜毛症は幼少期に現れるケースが大多数を占めるといった特徴がみられます。

近年、円形脱毛症の原因は、自己免疫異常(アレルギー)であるとする説が有力ですが、そのメカニズムについては、いまだはっきりと解明されたわけではありません。

カフェタイム