薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
ミノキシジルタブレット体験談top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A
矢印ミノキシジルタブレット:服用体験日記

矢印ミノタブ:服用開始(2017.3.3~)

矢印ミノタブ服用:2日目以降
市販の育毛剤やサプリメントに限界を感じていた私は、個人輸入によって海外製プロペシアを入手し、2013年6月2日より飲み始めることにしました。

minotab1プロペシアの服用に関する詳細(初期脱毛、改善効果など)については、体験レポ【プロペシア編】で報告しているので、興味がある方は、そちらの記事をご覧になっていただければと思いますが、3年半以上に渡って飲み続けてきた結果、頭髪はどうなったのかというと、飲み始めたころと変わらず、現状維持・・・と言いたいところですが、冷静に判断すると、残念ながら緩やかではあるものの薄毛が進行しているといった感じです(まあ、服用しているからこそ、その程度の脱毛で済んでいるという見方もできますが…)。

今のところ、地肌透けをカバーする程度の毛髪量はキープしているため、このままプロペシアを服用しながら様子をみるという選択肢もあります。

がしかし、そんな悠長なことは言ってられない事件(?)が起き始めているのか、実はこの半年の間に、次のような変化を感じています。


チェック短小毛の抜け毛の本数が以前よりも増えているような気がする…
チェック頭頂部周辺の地肌透けの範囲が拡大(髪の密度が減っている)しつつあるように見える…
チェック頭髪全体のボリュームが減り、ぺたんとした感触が手に残る…
チェック最近は、なんとなく生え際(剃り込み部分)の毛も後退し始めているような気がする…
やはり、プロペシアだけで薄毛ケアを試みるというのは限界があるのか・・・!?

この数ヶ月間の頭髪状況を振り返ると、今後、薄毛の進行に拍車がかかることも十分考えられるため、最近は特に強い危機感と焦りを感じています。

そこで、ついにミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)の使用を決意しました。

薄毛に強いコンプレックスを持っている方で、日々いろいろとケアを行っている方なら、ミノキシジルタブレット(以後、ミノタブ)の存在くらいは知っているかもしれせんが、実際に服用しているという人はそう多くはないはずです。

なぜなら、ミノタブはプロペシア以上に副作用等のリスクが高い内服薬と考えられているからです。

※ミノタブの危険性については、様々なサイトやブログで紹介(当サイトでも【使用前に知るべき副作用と問題点】という記事をアップしています)されているので、気になる方は各自で調べてみてください。

しかし、一方で、現時点において、ミノタブは最強のAGA治療薬だと主張する人も少なくありません。

中には聞きかじった知識だけで、ミノタブの効果を説明している怪しげなサイトも多数ヒットしますが、実際にミノタブを服用し、薄毛が回復するまでの経過画像をアップしながら丁寧に体験談をまとめているブログなどもあり、それらの記事を見ると、私もミノタブの発毛効果を試したみたいという衝動に駆られます。

確かに副作用のリスクに不安はありますが、ハゲ散らかした姿と副作用のリスク、自分にとってどっちが嫌か天秤にかけてみると、ハゲたくない!という気持ちの方が勝ったため、最近、薄毛の悪化ペースが加速しているような気がするという焦りも背中を押し、手遅れになる前に、私も一度ミノタブを試してみようという思いの方がどうやら強くなったようです(まあ、それだけ状況が深刻だということですが…)。

場合によっては重い副作用の危険があるかもしれないのに、そのリスクの方を取るなんてまったく理解できないという方もいるかもしれません。

でもね、20代半ばで地肌が透けて見えるような薄毛になりはじめ、その薄毛に対し強いコンプレックスを10年以上も持ち続けていると、藁にもすがりたくなるんですよ。

この辺の切実な心境は、分かっていただける方だけに分かっていただければ、それだけで十分なので、薄毛に強いコンプレックスがあり、これまで何を試しても気休め程度と落胆している方に、少しでも私のミノタブ体験談が参考になれば幸いです。




ミノキシジルタブレット:服用体験日記

さて、ミノタブを使用する覚悟はできましたが、これまで飲み続けていたプロペシアと同様、海外製のミノタブは複数のメーカーが作っているため、どの商品を購入するかで迷ってしまうところです。

そこで、ミノタブはミノキシジル濃度によって3種類(2.5mg、5mg、10mg)あるようなので、今回は初めて服用するということを考慮し、副作用のリスクが最も抑えられる(はず…)の2.5mgから様子をみていこうと思います。

というわけで、個人輸入代行通販サイトで、そろそろストックが切れるプロペシアと一緒に購入してみた『ミノタブ』がこちら!
minotab2
現在、私が服用している『プロペシア』はシートタイプですが、今回はボトルタイプの『ミノタブ』を入手してみました。

一般に、ボトルタイプよりもシートタイプの方が、価格が安かったり、錠剤が欠ける心配がないなどのメリットがあるようですが、どちらにもメリット&デメリットがあるので、その辺は予算や好みでチョイスすればよいのでは・・・と個人的には思っています(もちろん、未承認薬の個人輸入は自己責任です!)。

さて、私が入手した『ミノタブ』ですが、海外製医薬品なので、当然、ラベルにかかれている文字は、日本語ではなく外国語(英語)。

英語力は人並み以下ですが、製造販売に関わっているのは、どうやら米国・フィラデルフィアに本社を置くMutual Pharmaceutical社(主にジェネリック薬の製造販売に力を入れている製薬会社らしい…)とインドのムンバイに本社を置くサン・ファーマ社という製薬会社のようです。
minotab3
ミノタブ入りのボトル容器と一緒に添付されていたのが、こちらの取扱説明書。

医薬品の取扱説明書なので、しっかり読みたいところですが、ボトルラベルと同様、英語で細かい文字がびっしりと記載されているため、あまり理解できません(まあ、イラストや単語によって、なんとなく分かる個所もありますが…)。

ボトルキャップを外すと、アルミ泊シールで密封されているため、シールを剥がします(厳密には、思いのほかしっかりと貼り付いているため、綺麗に剥がすことができず、最終的には指を突きさして穴を開けています)。
minotab4
私が購入した商品には、1ボトル100錠のミノタブが入っていますが、参考までに錠剤の形状やサイズに関する画像も併せて載せておきましょう。

私が、以前、服用していた米国製サプリ(詳細は【体験レポ:L-リジン編】をどうぞ)は、そのデカさに、こんなの飲めるか!と思わずにいられませんでしたが、このミノタブは直径7mm(厚み:3mm)と非常に良心的なサイズとなっています。

また、ミノタブ自体に臭いはないので、現在、私が服用しているプロペシア(← 鼻を近づけると独特の臭いがする…)よりも飲みやすそうです。


ミノタブ:服用開始(2017.3.3~)

というわけで、今日(3月3日)からミノタブの服用を開始しますが、ミノタブの発毛・育毛効果の有無を確かめるには、比較すべき情報が必要です。

というわけで、簡単ではありますが、まずは私のプロフィールについてザッとまとめておきましょう。
年齢 39歳(2017年3月現在)
現在の頭髪状況 頭頂部とつむじ周辺部の毛髪量が、緩やかではあるものの、年々減り続けており、その範囲も徐々に広がってきている。最近は特に細く短い抜け毛(短小毛)が増えてきたように感じられ、以前よりも全体的にボリュームがなく、光加減によっては地肌が透けて見える部分が目立ち始めてきた。また、これまであまり気にならなかった額の生え際の後退(両端の剃り込み部分)が少し気になり始めている。
食事 基本的に3食(朝/昼/晩)摂取。特に好き嫌いはない。
お酒 月に缶ビール1~2本飲む程度
タバコ 吸わない
睡眠時間 平均6~7時間
父・祖父の毛髪状況 祖父(母方)は30代で前頭部と後頭部が禿げ上がる典型的は男性型脱毛症。父は50代半ばから薄毛が進行。
併用アイテム プロペシア
次に、現時点の頭髪状況の画像を何点か掲載しておきます。
minotab5
画像からも分かるように、私の薄毛は頭頂部周辺から徐々に広がっていく典型的な男性型脱毛症(いわゆる、O字ハゲ)の症状と思われます。

薄毛がなんとなく気になり始めたのは25~26歳のことなので、15年近く薄毛ケアに勤しんでいるわけですが、これまでの努力の甲斐(?)あってか、急激に悪化するようなことはなかったものの、当時に比べると、確実に頭髪の密度は減り、地肌の透ける範囲がじわりじわりと拡大しています。
minotab6
一方、上記画像は現在の生え際の状況です。

もととも、生え際のラインは緩やかなM字を描いていましたが、最近は、なんとなく両端の剃り込み部分のラインが少しづつ後退し始めているような気がしないでもありません。

そのため、ミノタブを服用することで、頭頂部と生え際の毛髪がどのように変化していくのか、今後、その様子を随時、報告させていただきます。
実験を開始するにあたって…
今回の実験では、ミノタブ(2.5mg)と併せて、プロペシア(1mg)も飲み続けていきますが、ミノタブの服用は初めてなので、副作用等のリスクを考慮し、とりあえずミノタブとプロペシアは、交互(ミノタブ(1日目)→プロペシア(2日目)➟ミノタブ(3日目)→プロペシア(4日目)…)に服用することにします。

しばらくそのペースで飲み続けて、特に体調の変化などが見られなければ、服用頻度を短くしていく予定です。

※ミノタブの影響かもしれないと思われる異常が現れた場合は服用を中止します。

また、血筋なのか、私はもともと血圧が高めのようなので、今回は念には念を入れ、購入した血圧計を使って日々の数値も忘れずにチェックしていこうと思います。
minotab7
minotab8というわけで、さっそくミノタブを1錠、服用(3月3日 / 昼頃)してみました。

初日なので、頭髪の変化よりも、むしろ体調の変化が心配でしたが、服用して15分後にくしゃみが1つ出たものの、その後、心臓が急にバクバクするような動悸が起こることもなければ、眩暈などの症状もなく、服用前と変わらない1日を過ごすことができました。

なお、今回の体験レポでは、入浴後の排水溝に残った抜け毛(排水溝に水切りネットをセット)も定期的にチェックしていこうと思いますが、服用初日の抜け毛の本数は101本。
minotab9
薄毛の心配をしたことがない方からすれば、かなり多いと感じられるかもしれませんが、最近の私にとっては、特に驚くほどの本数ではないので、冷静に見ると特に変化はなさそうです(まあ、服用初日じゃ、そりゃそうか…)。
2017.3.3

■体調の変化:特になし
■血圧:服用前:119(最高)69(最低)68(脈拍/分)/ 服用後:115(最高)65(最低)64(脈拍/分)
■抜け毛の本数:101本


ミノタブ:服用2日目~

ミノタブを服用した翌日の3月4日は、プロペシアを1錠服用しました。

特に体調の変化もなく、血圧も正常のようです。
2017.3.4

■体調の変化:特になし
■血圧:115(最高)65(最低)70(脈拍/分)
■抜け毛の本数:88本
今後も体調の変化がない限り、ミノタブとプロペシアを交互に飲み続けていくので、頭髪状況や体調の変化については、当サイトにて、随時、報告させていただきます。
継続中…




掲載日:2017.3.5