薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
自毛植毛:施術費用の比較
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A
現在、プロペシアやリアップは、AGAに最も有効な治療薬として位置付けられていますが、これらの医薬品は効果が現れるまでに、少なくとも半年から1年程度の期間を要すると言われています(当サイト管理人である私も服用中:詳細についてはプロペシア体験記をどうぞ)。




また、治療に専念したからといって、必ずしもすべての患者に改善効果が見られるとは限らないので、期待できない場合も考えられます。

そのため、現時点における治療薬では満足の行く効果がみられなかった・・・あるいは、確実に髪を増やしたい!といった方の奥の手が自毛植毛です。

※ 植毛手術には人工毛植毛もありますが、術後のトラブルやリスクが高いという意見も多いため、除外します(日本皮膚科学会がまとめたAGAガイドラインでも人口毛植毛は最低評価のDランク)。

自毛植毛のメリット・デメリットの項でも説明しましたが、自毛植毛は自らの毛髪を再利用するため、拒絶反応が少なく、手術さえうまくいけば、根付いた毛根が再び成長をはじめ薄毛の悩みが解消されます。

とはいえ、植毛手術は執刀医が1本1本移植する(機械を使った方法もありますが、問題も多いらしく、現在は手作業が主流)外科手術なので、手間と時間、そして医師の高い技術力が求められることから、手術にかかる費用は恐ろしく高い!といわれています。

では、いったいどのくらいの費用が発生するのか?

自毛植毛を行っている大手クリニックの手術費用をいくつか調べてみたので、参考までにその結果をまとめてみましょう(2016年11月末現在)。



ニドーシステム頭髪専門クリニック
採取面積 想定本数 料金(税抜) 採取面積 想定本数 料金(税抜) 採取面積 想定本数 料金(税抜)
3c㎡ 450本 360,000円 13c㎡ 1,950本 956,000円 23c㎡ 3,450本 1,380,500円
4c㎡ 600本 430,000円 14c㎡ 2,100本 1,004,000円 24c㎡ 3,600本 1,422,000円
5c㎡ 750本 500,000円 15c㎡ 2,250本 1,050,000円 25c㎡ 3,750本 1,462,500円
6c㎡ 900本 564,000円 16c㎡ 2,400本 1,094,000円 26c㎡ 3,900本 1,502,000円
7c㎡ 1,050本 626,000円 17c㎡ 2,550本 1,136,000円 27c㎡ 4,050本 1,540,500円
8c㎡ 1,200本 686,000円 18c㎡ 2,700本 1,176,000円 28c㎡ 4,200本 1,578,000円
9c㎡ 1,350本 744,000円 19c㎡ 2,850本 1,214,000円 29c㎡ 4,350本 1,614,500円
10c㎡ 1,500本 800,000円 20c㎡ 3,000本 1,250,000円 30c㎡ 4,500本 1,650,000円
11c㎡ 1,650本 854,000円 21c㎡ 3,150本 1,294,500円
12c㎡ 1,800本 906,000円 22c㎡ 3,300本 1,338,000円
※ 1c㎡あたり150本として想定した目安の本数を表示
紀尾井町クリニック
ストリップ法(FUT法)

採取面積 料金(税抜) 採取面積 料金(税抜) 採取面積 料金(税抜) 採取面積 料金(税抜) 採取面積 料金(税抜)
1.0c㎡ 25万円 10.0c㎡ 60万円 20.0c㎡ 100万円 30.0c㎡ 140万円 40.0c㎡ 180万円
3.0c㎡ 35万円 12.5c㎡ 70万円 22.5c㎡ 110万円 32.5c㎡ 150万円 42.5c㎡
以上
応相談
5.0c㎡ 45万円 15.0c㎡ 80万円 25.0c㎡ 120万円 35.0c㎡ 160万円
7.5c㎡ 50万円 17.5c㎡ 90万円 27.5c㎡ 130万円 37.5c㎡ 170万円

切らない自毛植毛(FUE法)

手術費用20万円 + 1株(グラフト)1,200円 × 植毛株数 + 消費税

植毛本数 料金(税抜) 植毛本数 料金(税抜) 植毛本数 料金(税抜)
100株 32万円 400株 68万円 800株 116万円
200株 44万円 600株 92万円 1,000株 140万円

メガセッション

植毛範囲 料金(税抜) 植毛範囲 料金(税抜) 植毛範囲 料金(税抜)
130c㎡ 150~180万円前後 150c㎡ 170~200万円前後 170c㎡ 190~220万円前後
140c㎡ 160~190万円前後 160c㎡ 180~210万円前後
ヨコ美クリニック
ストリップ法(FUT法)

本数 料金
(税抜)
株単価
(1株)
本数 料金
(税抜)
株単価
(1株)
本数 料金
(税抜)
株単価
(1株)
500本(250株)~ 17万円 1,000円 2,500本(1,250株)~ 70万円 560円 5,000本(2,500株)~ 120万円 480円
1,000本(500株)~ 34万円 800円 3,000本(1,500株)~ 80万円 533円 6,000本(3,000株)~ 140万円 467円
1,500本(750株)~ 50万円 667円 3,500本(1,750株)~ 90万円 514円
2,000本(1,000株)~ 60万円 600円 4,000本(2,000株)~ 100万円 500円

切らない自毛植毛(FUE法)

本数 料金(税抜) 本数 料金(税抜) 本数 料金(税抜) 本数 料金(税抜) 本数 料金(税抜) 本数 料金(税抜)
100株 110,000円 250株 170,000円 500株 510,000円 1,000株 900,000円 1,500株 1,200,000円 2,000株 1,500,000円
アイランドタワークリニック
ストリップ法(FUT法)

基本治療費 + 移植本数に応じた自毛植毛費

脱毛ケース 移植毛髪本数 全グラフト数 料金(税抜)
生え際の部分が後退 1,080~1,620本 400~600グラフト 680,000~920,000円
前頭部の薄毛が進行し、頭頂部まで脱毛 2,160本〜3,240本 800~1,200グラフト 1,160,000~1,640,000円
頭頂部の脱毛 2,700~4,050本 1,000~1,500グラフト 1,400,000~2,000,000円
前頭部から頭頂部にかけて脱毛 5,400~8,100本 2,000~3,000グラフト 2,600,000~3,800,000円



施術方法や植毛範囲によって治療費が大きく変わってきてしまうこともあるので、単純に目安となる費用だけを比較するのはナンセンスですが、ここでは、現在、主流の植毛手術、FUT法(後頭部にメスを入れ、帯状の皮膚片を採取して移植する方法)の費用を比較してみたいと思います。

程度にもよりますが、後退した生え際(いわゆる、M字ハゲ)には、概ね100~1,000株(本数にすると約200~2,000本)程度の植毛が必要だと考えられているようなので、間をとって500株(1,000本)植毛した場合に費用はいくらかかるかを比較してみました。

その料金比較表がこちらです。

あくまで目安であるということを強調しておきますが、1株あたりの植毛費用はクリニックによって結構大きな開きがあるようで、1株当たり350~650円前後となっています(平均は1株当たり約500円)。
500株を植毛した場合の料金比較表
クリニック名 採取面積 本数 料金(税抜) 1株単価
ニドークリニック 7c㎡ 1,050本 626,000円 596円
紀尾井町クリニック 7.5c㎡ 1,125本 500,000円 444円
ヨコ美クリニック ? 1,000本 340,000円 340円
アイランドタワークリニック ? 1,000本 648,000円 648円
※ ニドークリニックの料金表をもとに算定
欧米では1株当たりの費用が200~300円程度なのだそうなので、これでは日本の自毛植毛にかかる料金は高い!と言われても仕方がないような気もしますが、欧米に比べて国内における自毛植毛の需要が少ないことを思えば、この点は仕方のないことなのかもしれません。

しかし、最近は欧米並みの費用に下げているクリニックや植毛本数に比例して料金が安くなるクリニックも見られるので、自毛植毛手術にかかる費用は以前よりも安くなってきているようです。

とはいえ、植毛手術を受けるとなると、1株当たり数百円の世界なので、少なくとも50万円以上の費用は覚悟しておくべきでしょう。

また、植毛を決断する人は既に薄毛がある程度進行していることも考えられるので、50万円はあくまで最低限の費用であり、それなりに満足の行く結果を望んでいる方は、おそらく100~150万円程度の施術費用は必要になるのではないでしょうか。

そのため、100万~150万の植毛費用はバカ高いと言えなくもありませんが、薄毛で深刻に悩んでいる方(特に若い方)にとっては、一概に話にならないほど高額だ!と言い切ることもできません。

というのは、確かに一度に支払う金額としては高額ですが、長い目で見るとプロペシアや育毛剤にかかる費用やカツラのメンテナンス費用を計算すると、同じくらい(あるいは、それ以上)の費用が発生することになるからです。
治療薬を使用した場合…

・プロペシア(1錠250円)× 1年間(365日)= 91,250円(10年続けると…912,500円)
・リアップX5(7500円)× 1年間(12本)×= 90,000円(10年続けると…900,000円)

現在、AGAに有効だとされる治療薬は、どれも使用を止めると再び薄毛が進行してしまうため、現状維持(あるいは発毛)を期待するのであれば、継続使用が求められます。個人輸入で未承認薬を購入すればコストを抑えることはできますが、品質などに不安が残るといったデメリットがあります。

かつらを使用した場合…

製品にもよりますが、メンテナンス費用だけで、年間10~20万円程度の費用が必要となるケースが多いようです。
したがって、費用に関しては、その点をどう考えるかが、植毛手術に踏み切るか、それとも諦めるかの分かれ目になりそうです。

しかし、だからといって薄毛で悩んでいるなら、自毛植毛手術を受けた方が絶対にいい!といいうわけではありません。

自毛植毛の失敗例や術後に起こりうる主なトラブルの項も参考にしていただけたらと思いますが、植毛した部分から毛が生えてきたとしても、それ以外の部分が、今後、また薄毛になることも十分考えられます。

そのため、その時に、再度、自毛植毛を受けるとなると費用総額もかなりの金額になってくるので、自毛植毛手術を検討されている方は、将来的なことも十分に考えた上で治療に臨むことが大切です。