薄毛&抜け毛に関する疑問(原因、予防対策、治療法など)を完全網羅!薄毛・抜け毛の総合情報サイト
デュタステリドの効果と副作用top
top基礎知識育毛剤体験日記Q&A

デュタステリドの育毛効果

飲み薬タイプの育毛剤と言えば、フィナステリド(商品名:プロペシア)が最も有名ですが、そのフィナステリドよりも高い育毛効果が期待できるのではないかと、最近注目されている成分がデュタステリド(商品名:アボダート)です。




デュタステリドは育毛剤目的で開発されたわけではなく、もともとは前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用患者の中に脱毛が止まるといった副作用(言い換えれば、薄毛の改善)が見られたため、薄毛対策にも効果があるのではないかといった話に発展したようです。

デュタステリドに育毛(脱毛防止)効果があるとされる理由は、フィナステリドと同様、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑制するからだと言われていますが、まずは、そのあたりの仕組みを簡単に説明しておきましょう。

男性は年齢を重ねると、生え際が後退したり、頭頂部の毛髪が徐々に薄くなっていく進行性の脱毛症に見舞われる方が大勢いますが、このタイプの脱毛症は、典型的なAGA(男性型脱毛症)による毛髪トラブルであるというのが一般的な見方です。

AGAの原因は睾丸で作られたテストステロン(男性ホルモン)と、先ほど話に出た5α-リダクターゼが結合することによって変化するDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力な男性ホルモンが深くかかわっているとする説が有力ですが、デュタステリドやフィナステリドには、この酵素の働きを阻害する作用があります。
AGAの仕組みイメージ
そのため、デュタステリドやフィナステリドを主成分とする薬品を摂取することで、DHTの生成を阻止することができるため、進行性の脱毛症は次第に治まり、結果的に育毛効果を感じることができるようになるというわけです。

※ フィナステリドを主成分とするプロペシアは、日本国内では、あくまでAGAの進行を遅延するための医薬品として扱われているようで、育毛・発毛効果に関しては、いまだ未知数が部分も多いようです。そのため、AGA治療の際には外用薬のミノキシジル系育毛剤等の併用を薦める医師もいます。

5α-リダクターゼの分類ここまでの働きに関しては、どちらの成分も似たようなものですが、デュタステリドの方がフィナステリドよりも高い育毛効果があるのではないかと言われる理由がどの辺にあるのか、その点についてもう少し補足しておきましょう。

先にデュタステリドとフィナステリドには、5α-リダクターゼ(酵素)を阻害する作用があると説明しましたが、実はこの酵素には〝Ⅰ型〟と〝Ⅱ型〟の2種類のタイプがあります。

両タイプの特徴について簡単にまとめると次のようになりますが、ポイントは、フィナステリドがⅡ型しか阻害しないのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型、両方のタイプを阻害するという点です。
5α-リダクターゼの種類と特徴
Ⅰ型DHT 皮脂線に多く、主に前頭部と頭頂部に存在するらしい…
Ⅱ型DHT 毛乳頭に多く、主に側頭部や後頭部に存在するらしい…
つまり、デュタステリドは主にⅠ型が原因で症状が進行している脱毛症患者に対しても抜け毛の防止・育毛効果が期待できるため、フィナステリドよりも高い改善率が期待できるのではないかと考えられているようです。

とすれば、これからのAGA対策はフィナステリドではなく、デュタステリドを治療薬のメインにすればよいのではないかとも思えますが、先に示したリダクターゼの特徴からもわかるように、現在、進行性のAGAは主にⅡ型が原因で引き起こる脱毛症であるとする見方が強いため、AGA治療が目的ならば、わざわざⅠ型を阻害する必要はない!と主張する専門家も少なくありません。

また、副作用の観点から見ても、デュタステリドはフィナステリドの約2倍に上るため、その点のリスクを考慮すると、AGA治療目的でデュタステリドを使用するのはリスクが高すぎるのではないかといった意見もあります。

そのため、これらの点を踏まえると育毛効果はフィナステリドよりもデュタステリドの方が優れている!と結論付けてしまうのは、まだ早計のような気がします。


デュタステリドの副作用

プロペシアによる脱毛防止や育毛効果が実感できない人が藁にもすがる思いで手を出してしまうデュタステリド(商品名:アボダート)・・・

個人輸入イメージ※ 日本国内でもデュタステリド配合の新薬(アボルブカプセル)が2009年に発売されましたが、あくまで前立腺肥大症治療薬目的で処方される医薬品となります。そのため、プロペシアと違って、たとえ医療機関でもAGA治療目的でアボルブが処方されることはないので、どうしても使用したいという方は、個人輸入(ただし、自己責任)するしかありません。

しかし、先にも説明したとおり、デュタステリドはフィナステリドに比べて副作用が出やすい!といった問題点を抱えています。

医薬品である以上、副作用のリスクは切っても切れない関係にありますが、国内臨床試験において10.9%の被験者に副作用が現れたという報告は見逃せません。
〈プロペシア〉

副作用:48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

【プロペシアの添付文書より抜粋】

〈アボルブ〉

副作用:国内臨床試験において、調査症例403件中44例(10.9%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(3.2%)、リビドー減退7例(1.7%)、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)6例(1.5%)であった(承認時)。

【アボルブカプセルの添付文書より抜粋】
被験者数など検査試験の規模が違うので、単純に比較することはできませんが、この試験結果はプロペシアで報告されている副作用の倍以上の数値を示していることから、デュタステリド使用後の副作用発現率は高いというのは間違いなさそうです。

そのため、育毛効果目的でデュタステリドの使用を検討している方は、その辺のリスクを十分に理解しておく必要があります。

ちなみに、韓国ではデュタステリドを薄毛治療薬として認めているようですが、まずはフィナステリドを一定期間処方し、効果が見られなかった患者に対してデュタステリドに切り替えるというのが治療の基本のようです。

※補足:現在、デュタステリドを薄毛治療薬として認めている国は韓国だけのようです。フィナステリドの約1.5倍の効果が見られたという研究報告もあるようですが、その辺の詳細についてはよく分かりません…